05月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

リーフレタスの様子

2010.10.30 (Sat)

今年挑戦しているリーフレタスの栽培。

8月11日に種まきを記事にしてから、記事を更新するのを忘れていました!!


今は、
ポットに種まき→畑に定植→順調に成長
という状況です。

定植から様子を追ってみます。

定植はこのサイズで行ないました。
なかなか成長が進まなかったので見切りをつけて、9月24日に定植しました。
種まきから45日もたっています。
左がアフロという品種。右がグリーンジャケットという品種です。
IMG_2962_m.jpgIMG_2953_m.jpg

根鉢の状態で掘った穴に植えつけました。
IMG_2956_m.jpg
IMG_2959_m.jpg
IMG_2961_m.jpg

そして定植後の様子ですが、10月7日の様子がこちら。
左がアフロに、右がグリーンジャケットです。
IMG_6613_m.jpg IMG_6610_m.jpg
定植時よりは大きくなっていますが、それでもまだまだといった感じです。

こちらが10月22日の様子です。
IMG_7219_m.jpg IMG_7216_m.jpg
IMG_7215_m.jpg
ようやく大きくなってきて、それらしくなってきました!

このレタス、今のところ害虫被害にあっていません。
何かで覆うわけでも、薬をかけているわけでもないのですが。
レタスは秋の虫には強いのかもしれません!

今後の成長が楽しみです!


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:00  |  リーフレタス  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

トマトの先祖は超ミニトマト

2010.10.29 (Fri)

お久しぶりです! yamanoです!!
1週間ぶりのyamanoコラムです。

今週は野菜の祖先についてご紹介していきます。

今普通に食べている野菜も、もともとは雑草と同じで野に生えている雑草のような存在でした。
例えばトマトの先祖は今よりもっと小ぶりで、1cm程度の緑色の実の中に大きな種が入っていたといわれています。皮も硬く、非常に食べづらいそうです。いまでも南米のアンデス地方に行けばトマトの野生種(先祖に近い種)を見ることができます。

この食べづらいトマトもどきが今の形のトマトになるまでには非常に長い年月がかかりました。

まず、フロンティア精神あふれる先人たちが、野に育っている怪しい小さな実(トマトもどき)を食べ、美味しいことに気づきました。そこから栽培をはじめ、何年も繰り返す過程で、
偶然にも他のトマトよりも美味しいものが出てきたりします!

さて、なぜ他と違う味のトマトが生まれると思いますか?

美味しくなる遺伝子a、b、cを持ったトマトA、B、Cがそれぞれいたとします。
このA、B、Cがごちゃ混ぜになって育てられている畑では、
虫や風によってランダムに交配されます。

このランダム交配の結果、美味しくなる遺伝子a、b、cをすべて持った優秀なトマトが生まれることがあります。これは単純に運ですね。逆に美味しくなる遺伝子をまったく持たない植物も生まれますからね。
先人たちは味や形、大きさなどに関係する遺伝子が効果的に組み合わさったトマトを長い年月をかけて選抜していったのです。

長い年月を経ることで、小さくて食べる部分がほとんどなかったトマトが、実が大きく赤い今のトマトへと変貌しました。フロンティア精神あふれる先人に感謝です!!

ちなみに現在の育種の現場でもこれと似たようなことをして新しい品種を作っています。
もちろん、虫や風に頼ったランダムな交配ではなく、人の手によって特定の品種同士を掛け合わしていますがね。

また、現在の育種には野生種が非常に重要になってきています。
なぜ野生種が重要だと思いますか?

答えはまた次回に紹介します。

この記事をもう少しだけ詳しくしたものが↓にあるので、良かったらこちらも見てください!!
minnanosaibai150.jpg

それではまた来週!!


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 知らなきゃ損するよ - ジャンル : ビジネス

10:00  |  農業日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

シンクイムシ被害にあったキャベツのその後

2010.10.28 (Thu)

シンクイムシの被害にあってしまったキャベツを処分せずにそのまま栽培を続けています。

生長点をシンクイムシに食べられてしまい、成長ができなくなってしまったキャベツです。

そしてどのようになったのかというと…


IMG_7186_m.jpg

さらにアップするとこちらです。
IMG_7187_m.jpg


本来の成長の道を見失ってしまったキャベツは、完全に迷走してしまっているようです。。。

本来は一つの大きな玉になるところ、小さな玉を形成し、しかもどれも小さな葉のままで結球しようとしてしまっています。



この後どのようになっていくのかはわかりませんが、まともな収穫ができないことは確かです。
芽キャベツくらいのサイズは収穫できたりしないんですかね?笑

といあえず、野菜にとってシンクイムシは天敵だということを学習できました。



ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

minnanosaibai150.jpg

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:00  |  キャベツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。