09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

畑の虫被害

2009.09.18 (Fri)

最近は人にとってとてもすごしやすい気候になっていますが、
それは虫たちにとっても同じことです。
最近は畑をたくさんの蝶々たちが舞っています。
そこで問題になるのがその蝶々の子孫たちです!

まずその子孫による被害をご覧ください。
P1000178.jpg
しっかり食料として貢献しています。
これでも一応薬はまきました。さすがに葉っぱ物を放置するの無茶だろうということで。
蝶々が葉っぱにとまらなくなる薬です。そうすれば卵は産みつけられないということで。
それでもちゃんと彼らの食料になってしまっています。
市場に出回っている野菜はどれだけ管理されているのか疑問になるくらいです。
そのため最近はこの子孫たちとの戦いがもっぱらです。

この後の写真はキャベツやブロッコリーを食い荒らす子孫の写真です。
まだかわいいものを選びましたが、苦手な方は心してご覧ください。








P1000179.jpg
青虫ですね。彼らが畑に行くたびに野菜1品種につき10の単位ではびこっています。
ひどいときはひとつのキャベツに4匹いたりします。
毎回つまんで駆除するのですが、次に行くとまたいます。

私は勝手に青虫がつくのはキャベツ、レタスくらいだろうと思っていたのですが、
なんとニンジンにもつきます。
しかもニンジンの場合はただの青虫でなく大きめの模様つきです。
まず被害にあった後のニンジンの葉です。
P1000182.jpg
少しわかりにくいとは思いますが、中心の茎のみになってしまい、
周りの葉はなくなってしまっています。

そしてその原因となる虫なのですが・・・・



写真を載せることは自粛させていただきます。
主観ながら正直結構ショッキングな見た目と判断したため、写真掲載は自粛します。

なのでお名前だけお伝えします。キアゲハの幼虫です。
大きいものになると人差し指くらいの大きさ(要は大きい)になります。
ちなみにこいつは駆除しようとすると頭から角を出して威嚇してきます。
興味のある方は心して調べてみてください。
では。

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:21  |  農業日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aimnext.blog58.fc2.com/tb.php/91-5bbdc978

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。