04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ネキリムシとシンクイムシの大量発生

2010.09.26 (Sun)

9月に入ってからバタバタと色々な秋冬野菜を畑に定食したのですが、気になっていることがありました。

それはこちら…
IMG_5715.jpg

IMG_5719.jpg

コレはネキリムシというやつの被害なんでしょうか?


他にもこんなものも。
IMG_6124.jpg
なんだか中途半端にかじられ、完全に切り離されてしまってはいないものの、苗は自立できずに傾いてしまっています。

しかもこれらの現象が結構多いんです!!!
正確に数えたわけではないのですが、全体で10株以上はこのような現象が発生しているんです。
今までネキリムシの被害にバッチリあってしまったことがなかったので、コレが本当にネキリムシのせいなのか分からずにいました。


しかし先日いつもお世話になっている種屋さんにから耳寄りな情報が。
「今年はネキリムシとシンクイムシが異常発生しているよ」と…。

となると当畑でも確実に発生していますね。
どうやら彼らの被害だったようです!


話を聞いていると、どうやらネキリムシはヨトウムシのことで、日中は地中に隠れていて見えないそうなんですが、夜になると出てきて苗の地際の辺りの茎を食べてしまうそうです。

またシンクイムシというのは、私は初めて聞いたんですが、同じく柔らかい苗の芯を食べてしまう、小さなウジ虫だそうです。

どちらも茎を食べてしまうというところが厄介で、葉を食べられるならまだしも、茎を食べられてしまうともうその苗は終了ということになります。
夏が猛暑で雨の少なかった年に大量発生することがあるそうで、今年はまさにそのとおりになってしまったようです。


対策法としては、農薬ではダイアジノンという薬が有名で、苗の周囲の土に撒くそうです。
しかし農薬を使わない方法はないのかと思っているのですが、私たちは日除けのために苗の周辺を行灯式に新聞紙で苗の周辺を囲うのは効き目なしのようです。
むしろ新聞紙がバッチリ残っている苗の方があんどんの中の苗がなくなっているような。。。


何か良い方法はないものでしょうか???




ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:00  |  農業日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

ネキリムシ

こんにちは。

私が春にブロッコリーの時に同じように根きりムシの被害に遭いました。その時に取った対策が茎にアルミホイルを巻く対策です。ある程度茎が太くなるとネキリムシにも負けませんので、しばらくの間苗の根元に小さく切ったアルミホイル巻いてみてはいかがでしょうか!

敦史 |  2010.09.28(火) 19:24 | URL |  【編集】

Re: ネキリムシ

敦史さん、コメントありがとうございます!

情報ありがとうございます。
そういった対策方法があるんですね。
茎を太くすると良いんですね。
次回畑に行った際に試してみます!

アルミホイルはウリハムシにも効果があったので、
野菜栽培に色々と使えて重宝しますね!
Sミズ |  2010.09.30(木) 10:18 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aimnext.blog58.fc2.com/tb.php/462-a3295f50

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。