06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

秋冬野菜に向けて

2010.08.16 (Mon)

夏野菜も一段落付きそうな中、次々と秋冬野菜の栽培が始まっていきます。
去年はほうれん草や小松菜、ブロッコリーにカリフラワーなどと言った野菜を作りましたが、どれも成長が悪く大きくならないのが殆どでした。

そして今年の夏野菜もそこまで生育はよくありません。
やはり原因として考えられるのは土壌!

野菜作りの一番最初、土壌作りでつまずいてしまった可能性がかなり高いです。
今年の栽培では土壌別に3区画に分けて栽培してきました。
牛糞+化成肥料を使った区画、コンポスト+化成肥料を使った区画、コンポストのみを使った区画、以上の3区画です。
そして夏野菜を栽培した結果として予想されるのが、肥料の量が絶対的に少ないのではないかと言うことです。

栽培結果としては、コンポストのみの区画ではかなり収量が落ちており、コンポストのみでは栄養が足りていないことは一目瞭然。
しかし元々コンポストも牛糞も量が少なかったため、化成肥料を使っている区画でもほとんどの作物が大きくならずに終わっています。

このまま秋野菜を作っても夏野菜の二の舞…
対策が必要です!


というわけで今回秋冬野菜を作るにあたって、新たに牛糞を追加しました
こちらが追加した牛糞です。
IMG_0922.jpg

前回牛糞を購入させていただいた方に再度お願いし、これだけの量を500円で頂きました。
ホームセンターや園芸センターなどでこれくらいの量を買ったとんでもない費用になりますが、牛を育てている方には糞が処理できずに困っている人もいます。
直接そのような方にお願いすると、このように格安で牛糞を売ってもらえることもよくあるようです。

そして早速畑に撒いていきます。
量が多いのでそれぞれまず一輪車に乗せて畑に撒いていきます。
IMG_4442.jpg

その後鍬を使って、畑に撒いていきます。
スコップなどあればいいのですが、私たちはスコップ、ショベルなどは持っていないため全てでの作業です。
IMG_4443.jpg

このように畑に均等に撒けばいいでしょう。
そして最後の仕上げ。
耕うん機でうなっていきます。
私たちは耕うん機を持っていないので畑を借りている農家さんにお願いしてやっていただきました。
IMG_4623.jpg

何も無い見事な栽培前の畑になりました。
しかし、焦りは禁物。
元肥を撒いた後は2週間くらい開けて作物を植えないと、肥料負けして作物がダメになってしまいます。
じっくり2週間まってその後、植え付け、種蒔き開始です。


新たに肥料も増やしこれから迎える秋冬野菜。
立派な物が出来ることに期待です。


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:08  |  土壌改善  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aimnext.blog58.fc2.com/tb.php/416-53daac71

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。