07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

生姜の成長

2010.08.03 (Tue)

発芽以来1ヶ月半近く記事に取り上げていなかった生姜
成長はゆっくりですが少しずつ大きくなってきています。

発芽後から順に追っていきましょう。

植え付けから70日、発芽から12日後の様子です。
DSCF7412.jpg

発芽まではかなりの時間がかかりましたが、それ以降の成長ペースはそこまで悪くないようです。
2週間足らずで結構な大きさに成長していました。

しかし、発芽率に関してはそこまで高いとは言えません。
率にして7割くらいでしょうか?
発芽の様子が見れないところを少し掘り返してみると、腐れてしまっている生姜の種芋が出てきました。
DSCF7538.jpg

真ん中にすっぽり穴があいています。
腐れて穴があいてしまったのか、若しくは害虫が食べてしまったのか。
定かではありませんが、発芽していないところはこのような状態になっていることが多いようです。

植え付けから84日、発芽から26日後の画像がこちら。
IMG_0168.jpg

大分成長してきました。
葉が綺麗に開いています。

そして植え付けから100日、発芽から42日後
の画像がこちら。
IMG_4071.jpg

発芽後、順調に成長してきましたが、ここにきて成長速度が遅くなった気がします。
しかし葉の色は大分変わっています。
今までは薄い黄緑といったような色だったのですが、かなり緑が濃くなっています。
ですが、先の方は黄色くなっており、余り元気がいいようにいは見えません。
害虫に食べられたあとも少々見られます。


さて、ここまで成長してきましたが問題となるのが収穫のタイミング
生姜には、筆生姜(矢生姜)、谷中生姜(葉生姜)、新生姜(根生姜)などとありますが、これらは品種の名前ではなく、収穫のタイミングで分けられています。

葉が3,4枚程度の時に、古根を残してかき取ったものが筆生姜
新しい根が少し大きくなった頃に抜き取ったものが谷中生姜
霜が降りる前に根が十分肥大したものを取ったものが新生姜

となります。
一般的には7月中旬辺りに筆生姜、8、9月辺りに谷中生姜、10、11月にかけて新生姜の収穫が可能となっています。

私たちの畑でも既に筆生姜、谷中生姜などは採れる時期です。
これから徐々に収穫していくか…、それとも新生姜になるのを待つべきか…

悩みどころです。


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:36  |  生姜  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

ショウガ

こんにちは!いつもながらわかりやすいですね!

個人的にはショウガが好きなので、一度挑戦したいと思いますが、ソーメンや冷奴に擦って使うショウガはなにショウガになるのでしょうか?

よろしくお願いします。
敦史 |  2010.08.03(火) 12:32 | URL |  【編集】

Re: ショウガ

敦史さん、こんにちは!
訪問、コメントいつもありがとうございます。

基本的に普段使う生姜は大体が新生姜(根生姜)になります。
谷中生姜はスーパーなどで葉ごと売っているものを見かけたらそれですね。

生姜は色々な料理のトッピングに出来ていいですよねー。
Hカワ |  2010.08.03(火) 13:20 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aimnext.blog58.fc2.com/tb.php/406-022f308a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。