09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

四角豆の定植

2010.06.28 (Mon)

過去の記事を読みながら、ふと四角豆の事を大分書いていないことが判明。
というわけで今回は四角豆の定植、その後の成長について書いていこうと思います。
(以前の記事はコチラから)

種を蒔いてから35日
植える時の苗の様子が下の画像です。
IMG_3368.jpg

前回の記事にあるとおり、フタバ種苗の琉球四角豆に比べサカタのタネの四角豆の方が発芽率、成長ともに良いように見えます。
しかし両方とも発芽率自体はそんなに悪い方ではないので問題はないでしょう。

早速定植していきます。
畝の立て方はいつもどおり→畝の立て方
株間は55cm。しっかりと計りながら植えていきます。
IMG_3373.jpg

植える前に、苗にしっかり水を与えて置きましょう。

定植後に水を上げるのももちろんですが、ポットの状態でしっかり水をあげていると、定植後の根付きも早くなります。
また根の様子はこのようになっていました。
IMG_3374.jpgIMG_3375.jpg

しっかりと根が這っていますね。
これだけ這っていたら定植後もしっかりと育ってくれることでしょう。

本来ならばもう少し早い段階で間引きを行ない、2本立ちにしているのですが、成長が遅く間引きを行っていなかったため、3本の苗を分けながら植えていきます。

IMG_3377.jpgIMG_3378.jpg

このように1箇所に2苗ずつ植えていきます
苗を分ける場合は、根を傷つける可能性があるので気をつけて行ないましょう。

普通は間引いて捨ててしまう苗ですが、その苗も植えればしっかりと成長してくれます。
間引いたものをそのまま定植、別のポットに植え替えるなどすれば、苗は無駄にならずに済むのですが、手間を考えるとかなりの手間になります。
がやはり普通に植えられるものを捨てるのは勿体無いですよね。

最後にもう1度たくさんの水をやって定植完成。
IMG_3382.jpg

苗が小さいうちは、しっかりと水を上げることが大事です。
定植後も可能であれば、毎日水を上げるのが良いでしょう。


そして定植からさらに2週間後。
種蒔きから49日経過した四角豆の様子が下の画像になります。
DSCF7440.jpg

一気に成長とまでは行きませんが、徐々に成長しつつあります。
まだツルは伸びていませんが、四角豆は緑のカーテンと呼ばれるほど大きく育っていくそうです。
ネットなどは持っていないため、ツルが巻き出したら何かしらの対応策をとる必要が出てくるかも知れませんが、成長は遅いほうだと思いますが、これから大きく成長していくことでしょう。

収穫まではまだまだかかりそうですが、しっかりと管理して美味しい四角豆を作りたいと思います。


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:43  |  四角豆  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aimnext.blog58.fc2.com/tb.php/370-dc0f9bbb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。