09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ネギの土寄せ+葱坊主って…?

2010.06.24 (Thu)

植え付けからあまり変化の見られなかったネギ。
まあネギですから当たり前ですが。

じわじわと大きくはなってきているので、土寄せを1週間ほど前に決行しました!


ネギを最初に植えつけた段階では後々土寄せがしやすいようにと植え付けをしました。
そしていざ土寄せをしよう!

と思ったらこんなになっていました。。。
IMG_3303.jpg
土寄せする部分が雑草だらけ!!!

やむなく雑草を取り、気を取り直して土寄せです。


ただ土を寄せてあげて、ネギの白い部分が伸びるようにするのでも良いのですが、私たちは肥料と藁を上げます。
理由はその方が成長するからです。


まず化成肥料です。
DSCF6587.jpg
パラパラと一直線に撒いてあげます。
栄養をあげて大きく育ってくれと。

そしてそこに藁をかぶせます。
DSCF6590.jpg
こうなります。

ここで藁の上から土をかぶせます!
DSCF6592.jpg
そうするとこうなります。


なぜ藁の上から土を被せるかと言いますと、ネギは酸素をほしがる野菜です。
ですので、土寄せした部分の通気性がよくなるように藁をしいて、上から土を被せるんです。
藁がない場合は腐葉土で代用ができるそうです。

無事に育ってくれると良いです。



そして後日畑に行ったらこんなものを発見しました!
DSCF6862.jpg
ネギ坊主です!!
葱坊主とはネギの花です。

しかしこんな時期になぜ葱坊主が?!
本来葱坊主は、ある程度大きくなってから、秋冬の気温が低く、日が短い時期にあうと花芽をつくる性質があります。
そして、春を迎え、気温が上昇し日が長くなってくると、花芽が伸長し外に出てきます。


そして厄介なことに、坊主の出たねぎは、坊主の茎が固く空洞になりますので、食用には向かなくなると言います。。。
農家さんいわくとりあえずちぎってとってしまえと言われたのですが、どのように影響するのか。。。

アップはこちら。
DSCF6863.jpg
観賞用としてはギリギリありでしょうか?(笑)



ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

09:59  |  ネギ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

ネギ

こんにちは!ネギ坊主の観賞は、本当にギリギリですね d(^_^o)

ところで、土寄せの際はネギに限らず化成肥料を入れてやった方が良いのですか?苗などを植えてから肥料をあまりやった事が無いので、素朴に質問させて頂きました!

よろしくお願いします。
敦史 |  2010.06.24(木) 13:09 | URL |  【編集】

Re: ネギ

おはようございます。いつも訪問&コメントありがとうございます。

基本的には土寄せと一緒に化成肥料をやることが多いですね。
恐らくタイミングとしては土寄せの時ではなくてもいいのですが、土と混じるので土寄せ時の方が効果的なのだと思います。

私たちも去年は余り化成肥料をやってなかったのですが、やはりやってあげた方が成長はいいですね。
特に肥料をよく食う野菜(ナス、トウモロコシなど)はたくさんやった方がいいです。枝豆などはやりすぎると豆ができなくなってしまうので少ない方がいいですね。
後は果菜類だと、収穫後に化成肥料をあげて苗をなり疲れさせないようにしたりもします。

期間の短いものなら1回、長いものだと3,4回くらいは化成肥料を上げた方がいいかもしれませんね。
Hカワ |  2010.06.25(金) 10:12 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aimnext.blog58.fc2.com/tb.php/366-ac936c3e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。