04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

トマトの作り方①

2009.07.13 (Mon)

今までは農園でやっていることなど書いてきましたが、今回から本格的に野菜の作り方、育て方について紹介していこうと思います。

今回は第一弾。トマトの作り方です。


1.種蒔き
基本的に種蒔きは3月中に行います。
ポットに1粒ずつ種を植えていきます(私たちは苗を買って始めたので体験はしていませんが)。
トマトの育苗は難しく、今後の成長にも影響するために、温度管理などもなるべきしていったほうがいいのですが・・・
大変なのでそんなの無理!って人は素直に苗を買った方が良いでしょう。


2.支柱立て
苗を定植する前に支柱を立てます。
トマトは2条蒔き、畝幅120cm、条間60cm、株間45cmくらいに定植するのがベストなので前もってそれくらいに目印を付けておき支柱を立てると楽です。
畝幅、条間、株間などは下の画像を参考に。
2条植え
支柱200cm以上の長さのものを使い、植える場所の10cmくらい外側(通路側)にクロスするように立てます。
画像はこちら
そしてこのクロスしたところに横棒を入れ、ひもなどで固定すれば完成です。


3.定植
定植とは育てていた苗を畑やプランターに植え替えることをいいます。
定植後に苗が乾いてしまわないように、事前に畑やプランターにたっぷり水をやるか、定植後にすぐ水をやるようにしましょう。
また定植するタイミングとしては、第一花房が見え始めたくらいがベストです。
第一花房が外側(通路側)を向くように定植しましょう。
こうすることで今後の世話や収穫の際に、作業が楽になります。


4.誘引
誘引とは伸びてきた茎や枝などを支柱にくくりつけることをいいます。
ひもなどを使って誘引しますが、トマトクリップなどと言うものもあるようです。
誘引のタイミングとしてはまず定植時に1回、その後は10cmくらい伸びるつどに誘引していくといいでしょう。
またこのときも定植のときと同じように、花房が外側(通路側)を向くように誘引しましょう


5.芽かき
これがもっとも面倒な作業です。
芽かきに関しては昔に1度ブログに載せているので画像は使いまわし(笑)
無題
トマトは病気になりやすいので出来るだけハサミを使わず手で折りましょう。
毎日のようにぐんぐん伸びてくるので定期的に芽かきはしないといけません。

またはこういうわき芽とは別にトマトの実房の先からわき芽が出てくることもあります。
これらは肥料、栄養分が多いときに生えてくるようですが、栄養を取られるだけでいいことは無いのですぐに切っちゃうのがベストです。
手で折るのは難しいので、これはハサミを使ったほうがいいでしょう。


6.ホルモン処理
これは必ずしもやらないといけない作業ではないですが、トマトのホルモン剤としてトマトトーンというものがあります。
トマトトーンを使わなくても実は育ちますが、着花不良などの状態に陥ると、茎や葉だけが繁殖するようなことにもなり得ます。
このような状況を防ぐためにトマトトーンというものを散布します。
これを使うことによってトマトの実がなりやすくなります。
しかし、2度がけなどは奇形果の原因となるので気をつけましょう。


7.収穫
収穫のタイミングは好みです(笑)
真っ赤になって完熟状態まで待つと甘く味の濃いトマトになります。
また赤くなってすぐに取った果実の場合甘みは落ちますが、歯ざわりのよいトマトになります。
収穫するときは、トマトの果実の芯を出来るだけ短くなるようにハサミで切りましょう。
手で取ろうとするとヘタまで残ってしまったりするので注意です。


8.摘芯
草丈が伸びてきたら摘芯しましょう。
最終花房の上の葉2枚を残してそれより上は摘芯して、生長をとめます。
余りに伸ばしすぎると栄養が足りなくなったりするためです。
これは肥料や世話の仕方、その他の状況などによりますが平均的には5~8段くらいで摘芯掏るようです。
ビニルハウスなどの栽培では2,30段とかまで行くこともあるそうですが。。。



以上!トマト栽培についてでした。

栽培についてまだ疑問点などありましたらお気軽にコメント、メッセージください^^

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

14:10  |  トマト  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

こんにちは!

久しぶりに覗きました。
即売会売上ありましたか?
成果が形になると嬉しいですよね。
商売になるまで行くのは簡単じゃないけど頑張ってください。

情報収集鹿児島でも頑張ってます。
シイタケの温室栽培のビジネスを行っている会社の情報も得ました。農学部の先生に会いに行って薩摩半島の農業事情も聞いてきました。
大隅と違ってJAも真面目に頑張っているようです。
10月以降に視察のチャンスを作れると思います。
それじゃ~
鹿児島は梅雨明け宣言しました。
ファジー・パパ |  2009.07.13(月) 17:28 | URL |  【編集】

Re: こんにちは!

ブログ閲覧ありがとうございます。
社内とはいえ、自分たちが作ったものを買ってもらえるというのは嬉しいことですね。
今後もよりいっそう頑張っていこうと思います。

こちらも様々な農家や企業を訪問させていただき、現在情報収集をしているところです。
皆様々なことを考え農業、アグリビジネスをやっていますね。
私たちもアイデアを出し合い、新たなことにチャレンジ出来たら…と思います。

最後に個人的な話ですが、9月の連休を使って鹿児島に帰る予定です。
都合が合いましたら鹿児島の農業事情を視察に参りたいと思います。
Hカワ |  2009.07.17(金) 10:58 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aimnext.blog58.fc2.com/tb.php/36-221e018e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。