10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

トウモロコシの間引き

2010.06.14 (Mon)

3粒ずつ種を蒔いたトウモロコシですが、最初に蒔いた種は発芽後ずいぶん大きくなってきました。
発芽率もかなり高く、ほとんどが3粒とも発芽して元気に育っています。

しかしトウモロコシは、その他の作物に比べてかなりの肥料分が必要になります。
そのため、間引いて1本または2本立ちにするのが一般的です。

去年の栽培では、肥料の量も少なかったせいか、成長も遅くトウモロコシ自体も余り大きくはなりませんでした。
さらに害虫にほとんど食べられてしまい、まともな収穫は1つも出来ませんでした。
しかし以前農家さんに頂いたことがあるのですが、採りたてのトウモロコシは格別おいしいものです。
1度経験している失敗は2度と繰り返すわけには行きません。

というわけでまずは、しっかりと苗に栄養をやるために1本立ちをメインとすることに決めました。
まずは間引きのやり方です。
やり方は至って簡単。3本ある苗を1本ずつ抜いていくだけです。
DSCF6505_20100614101545.jpg
このように根元から
DSCF6506.jpg
一気に引き抜きます。
DSCF6507.jpg

トウモロコシの根はかなり強く、収穫後に引き抜くのは大変です。
この程度の大きさなら大丈夫なのですが、さらに成長してしまうと、間引きしようにも出来ない状況になります。
なので、種を蒔くときは出来るだけ3粒とも離すように、また小さいうちに間引きをするようにしましょう。


間引き前と間引き後の写真は以下のようになります。
Before
DSCF6511.jpg

After
DSCF6512.jpg

大分スッキリした感じがしますね。
また、画像にも少し写っていますが、実験のために2本立ちにしたものも少々残しております。

去年失敗したトウモロコシですが、今後の成長、収穫に期待しつつもしっかりと栽培していきたいと思います。


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:23  |  トウモロコシ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aimnext.blog58.fc2.com/tb.php/356-e9207e4d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。