06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

四角豆の種を撒きました

2010.05.14 (Fri)

最近は色々なものを次々と栽培しており、毎日更新してもブログアップが遅れ気味の状況です。。。

そして今日も今回はじめて種まきをした野菜を紹介します。

四角豆(しかくまめ)です!!

四角豆、ご存知でしょうか?
直売所などではよく見かける野菜で、栽培についても強い品種といわれており、家庭菜園や緑のカーテンのためによく栽培されています。
暑さや病害虫に強いそうなので、無農薬で栽培することが比較的容易な野菜だと言えそうです。

当然農家さんでも栽培されています。
もともと南国の野菜のようで、沖縄では「うりずん」と呼ばれ、少し前までは沖縄での栽培が中心だったと聞きます。
ちなみに「うりずん」とは沖縄の方言で4月頃の新緑の季節を意味しているそうです。

前説は以上としまして、どんなものなのか!
こちらです。
IMG_2595.jpg
見たことありますでしょうか?

そして四角豆も2品種作ってみます。
IMG_2594.jpgIMG_2598.jpg
先に写真で紹介した方は「サカタのタネ」さんの四角豆です。
もうひとつの白い袋の方は沖縄の種苗屋さんの「フタバ種苗」さんのタネです。ネットで取り寄せました。

そして袋を開けてどんなタネなのか確認してみます。
左がサカタのタネさんのもの、右がフタバ種苗さんのタネです。
IMG_2596.jpgIMG_2600.jpg
まず感想としてはタネがとても丸いと言うこと。
こんなに綺麗に丸い種はあまり見ません。触った感じはどんぐりに似ています。

そしてメーカーでの違いはと言いますと、種の色ですね。
サカタさんのは皆同じ色をしていますが、フタバさんのは茶色系でまばらです。
ちなみに味に関しては説明も大して変わらないので、実際に収穫してからのお楽しみです。


で、こちらの種を他の種まきと同様にさくっと植えていきます。
①まずポットに培養土を敷き詰めます。
IMG_2593.jpg
ちなみにポットに培養土が当たり前のように書かれていますが、ポット撒きで畑の土を使いそのまま畑においておくのであれば、直播しても変わりません。むしろそれなら直播きの方が良いかも。
ポットまきの目的は、芽が出やすくなるように培養土を使う事や、発芽までの環境を風雨にさらされない場所で育てる事などです。それをしないのならば直接撒くことと大差ありません。

②そしてどちらの品種も3粒ずつまきます。
IMG_2597.jpgIMG_2601.jpg

③そうしたら種を土に埋めます。第一関節もいかない位の深さにまきます。
IMG_2605.jpgIMG_2606.jpg

④そしたら水をたっぷり上げます。ポットの底の穴から滴るくらいが目安です。
IMG_2607.jpg

⑤種まき終了です!

いくら培養土を使ったからと言って必ず芽が出て良い苗に育つわけではありません。
とにかく無事に育って欲しいものです。
2週間もしないで発芽の様子をお伝えできるはずです!しばしお待ちを。



ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:00  |  四角豆  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

こんにちは、M.Ishiiです。

先ほど、Twitterのほうで呟きましたが、
本当に珍しく、興味深い野菜ですね。

四角豆って、緑のカーテンのために栽培されるということは、
つるが相当伸びるということですよね。

収穫するころにはどのぐらいの大きさに生長するのか、
非常に気になりますね。

ブログランキングの方に応援させてもらいました。
M.Ishii |  2010.05.14(金) 14:44 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

M.Ishiiさん、いつもお世話になっています。

最近注目されだした野菜で、まだまだ珍しいですが味も美味しく直売所などでは結構人気の高い野菜らしいです。

ツルは相当伸びるようですね。
初めての栽培になるので、今後どれくらい大きくなるのか楽しみです。

ブログランキングもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします!
Hカワ |  2010.05.14(金) 14:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aimnext.blog58.fc2.com/tb.php/325-172e7dc6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。