06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ジャガイモの芽かき

2010.05.12 (Wed)

一番最初に植えたジャガイモですが、当初は寒さで心配でしたが無事に大きくなってきています。
こちらが現在の様子。種芋を植えてから45日目になります。
DSCF0817.jpg

予定よりはかなり遅くなってはいますが、この調子で行くと問題なく成長してくれそうです。
そして今回はじゃがいもの芽かきという作業を行いました。

芽かきと言うと、トマトやミニトマトなどのわき芽を採る作業が思い浮かびますが、ジャガイモの場合もわき芽を採る作業を芽かきと言います。
しかし地面から生えてきているので感覚としては間引きに近い感じがしますね。

実際どのようにやるのかと言うと…
このように複数の芽が出てきている場合に、小さい芽をとってあげます。

DSCF0811.jpg

しかし意外に難しい力加減
ここで芋までとれてしまったら元も子もないので、根元を切り取るような気持ちで一気に引き抜きます。
DSCF0812.jpgDSCF0813.jpg

一つ一つこのような作業をしていくのですが、なぜ芽かきをするの?と思う方も居るでしょう。
実際に芽かきをしなくても収穫することは可能です。
しかしこの芽かき作業によって、取れる芋の大きさにかなりの違いが現れるのです。

一般的には芽を1つか2つ残すのが良いとされています。
1つ残す場合は、収穫出来る芋の数は少なくなりますが、大きく立派な芋が出来るようになります。
2つ残す場合は、収穫出来る芋の数は多くなりますが、小さめの芋が出来るようになります。


どのようにするかは自分の好み、売る場合の規格などといったことも考える必要がありますね。

私たちは前回この芽かき作業自体が遅くなり、小さな芋が多く出来てしまったので、今年は芽を1つだけにしての栽培をメインとしています。
しかし収穫量の比較もしたいので、2つだけ残している株もあります。
実際どれくらい差が出るのか見てみたいですね。

そして最後に芽かきした芽。
大体上手く出来ていたのですが、たまに芋までとれてしまうことも…
DSCF0818.jpgDSCF0815.jpg

簡単そうに見えて意外に難しい芽かき作業です。

しかし順調に芋が出来ていることがわかったので、一安心。
スタールビーの赤い芋が収穫時にどのようになっているのか、楽しみです。


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:30  |  ジャガイモ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aimnext.blog58.fc2.com/tb.php/323-eb8c4d94

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。