07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010年度ジャガイモ植え付け②

2010.04.02 (Fri)

昨日に引き続きましてじゃがいもの植え付けの続編です。

昨日の記事ではジャガイモを植えるために作った溝に並べたところまで話しましたので、今日はその続きを。

溝に並べた後ですが、土をかぶせる前に肥料をあげました。
私たちは、畑に堆肥はまきましたが、作物ごとの基肥(前もって入れておく肥料)といわれるものを入れていなかったので、コレが基肥替わりです。
写真の白い物が化成肥料です。
IMGP1580.jpg
じゃがいもの間にひとつかみずつまきました。

そしてジャガイモは昨日の記事でも話しましたように、種芋の深さの辺りから上下にできるので、土を多めにかぶせます。
多めにかぶすことで、できた芋が直射日光に当たらないようにします。
直射日光を浴びると芋が青くなってしまいます。
この土寄せというわれる行為をします。

なので普通に他の野菜を種蒔きした時よりも多く土をかぶせます。
IMGP1592.jpg
よってこのように土を寄せたところがこんもりします。
一般的にこのような形状のものを畝(うね)といいます。
この畝はじゃがいもの場合はこのような手順で出来上がりますが、野菜によっては植える前に作っておく場合もあります。


コレでじゃがいもの定植(植え付け)は無事すんだかに思えたのですが、実はそうではなかったのです。

計画では2列分のジャガイモの種芋を購入してきました。
が、種芋が大量に余ってしまったのです。。。

これは困ったと言うことで、畑栽培計画の実寸を測定した際に畑に若干の余りができることがわかっていたので、急遽その部分にもジャガイモの種芋を撒くことに決定。
なかば強引に2列つくりました。
IMGP1581.jpg
あえて前回もジャガイモを栽培した場所を選び、連作障害が現れるのかを試す意味も込めて植えました。

しかしそれでも余ったので、今年から作った自然栽培ゾーンにまきました。
IMGP1576.jpg
写真の中の白い点がジャガイモです。
自然栽培ゾーンはこれからも無作為にいろんなものを撒く予定です。

これでひとまず今年のじゃがいもの定植はなんとかなりました。
しっかり立てたつもりの計画でしたが、植え付け第1弾から計画通りには行かずでした。

とにかく無事に芽が顔を出してくれることを祈るばかりです!




ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

09:59  |  ジャガイモ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aimnext.blog58.fc2.com/tb.php/284-67680d9e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。