07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ベランダ菜園で節約

2010.03.27 (Sat)

3月も下旬
まだ少し冷える日々が続きますが、桜も開花しつつあります。
春ももう少しといったところでしょうか?

さて、タイトルにも書いたとおり、ベランダ菜園について少し記事にしようと思います。

少し前になりますが、日経新聞(2010/3/20)の記事に、「ベランダ菜園、育てて節約」という記事がありました。

この時期は野菜の栽培も始まる時期で、ベランダ菜園を始める人も出てくることでしょう。
それに向けてか、ベランダ菜園について品種や、栽培上の注意点などについて書かれています。

大手ホームセンターやガーデンショップなどでも、家庭菜園やベランダ菜園用の商品は徐々に販売されてきています。
プランター、土、肥料、種などがセットになっており、これ1つ買えば簡単に栽培ができるため栽培初心者に対してもありがたいものとなっているものが多々あります。
ネットなどで探してもデザインに凝ったものや、面白い商品なども見つけることが出来ます。


さて、それでは実際にベランダ菜園をして本当に節約出来るのでしょうか?
記事では、ハーブ類、シソがオススメと書いてありますが、確かにハーブ類は購入すると結構な価格になります。
またシソに関しても保存期間は長くないため、購入してもすぐに使い切らなければなりません。

このようなものはベランダ菜園をすることによって、いくらかの節約は可能だと思います。
例えばハーブの場合、少量の種であれば、30円程度で売っています。
さらに100円均一などで培養土を購入し、鉢はお金がかかるためペットボトルなどを少し加工して鉢代わりにしてみてはどうでしょうか?
130円の元出で、5,600円程度に相当する量の収穫は見込めると思います。

節約もですがやはり自分が作ったもの、さらに採れたてとなると味は格別です。
スーパーなどで買うものに比べて遥かに美味しく感じることでしょう。


こう考えると、少しの作業だけで作物が作れ、節約にも健康にもとてもいいですね!

またここでオススメされているものにベビーリーフがあります。
ベビーリーフの場合、種蒔きから30日ほどで収穫でき、調理の必要もなくそのまま食べることが出来ます。
また、収穫後も追肥などによって定期的に収穫が出来るため、3ヶ月程度は収穫を楽しむことが出来ます。
幅65センチ程度おプランターの場合は、3ヶ月で2400~3000円相当の収穫量となり、十分に元がとれる計算です。

この他にも、小松菜、ラディッシュ、ミニトマトなど、簡単に育てることが出来る野菜も結構あります。
興味ある方は是非ベランダ菜園をはじめて見るといいでしょう。


ちなみに、私もベランダでベビーリーフを栽培しようと考えています。
私の料理には大体ベビーリーフが付いてきます。それほど大好物です(笑)
201003042216000.jpg201003202018000.jpgF1000135.jpg


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : おすすめ - ジャンル : ビジネス

10:00  |  家庭菜園  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aimnext.blog58.fc2.com/tb.php/277-c2d7262a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。