07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

さて農中とはなんでしょう?

2010.03.09 (Tue)

突然ですが問題です!
農中とはなんでしょう?

…答えは農林中央金庫です!

わかりましたか?わかるのは農業関係者か毎日新聞読んでる方はわかるでしょう。

ということで今日も新聞記事です!
3/4(木)の日経新聞に農林中央金庫に関する記事が載っていましたので紹介します。

農中、よぎる資金流出の悪夢

 郵政事業の見直しに伴い浮上している郵便貯金の預入限度額の引き上げ案に、農業協同組合や全国組織の農林中央金庫が危機感を募らせている。郵便局と営業地域の重なるJAバンクか資金が流出する懸念があるからだ。

農中は民主党政権とのパイプが細く、政策決定プロセスへの影響力が自民党政権時代に比べて弱いとされている。過去の限度額引き上げでは資金シフトという苦渋を味わっただけに、悪夢の再来が関係者の脳裏をよぎる。

 農中や農協は引き上げ案が本格的に浮上する前から政府に懸念を伝えてきた。先月3日には農中トップの河野良雄理事長が亀井郵政・金融担当相ら政務三役を金融庁に訪ね、限度額を引き上げないよう申し入れている。

同相は「農協いじめをするつもりはない」と約束したとされるが、これを額面通り受け取っていいのか農中側は困惑する。

 危機感の背景にあるのが重複する事業エリアだ。特に中山間地域ではJAと郵便局しかないところが多く、ライバル関係にある。限度額が引き上げられれば、郵貯側にマネーが流れ込んで行くとの見方は強い。


実際の記事はもっとありますが、前半部分のみを抜粋しました。
郵貯とJA。ともに問題児という感じもしますが、今回はJAに注目した内容の記事ですね。

というか、JAと農中ってどう違うのか?あるいはそもそも関係は?
記事からはJAと農中は仲間なんだろうということはわかりますが。

JAとは農業協同組合のことです。農中は先程も申しました通り、農林中央金庫のことですね。
この二つはどのような関係になっているのかといいますと、農林中央金庫を中枢とし、その会員として農業協同組合があります。
つまり親玉は農林中央金庫ということになりますね。

では何をしているのか?といいますと、農林中央金庫のサイトを見てみますとこうあります。
「当金庫は、農林水産業の協同組合等を会員とする、協同組織の全国金融機関として、日本の農林水産業の発展に貢献しています。」
つまり農林水産業の協働組織に対する金融事業を行っているということでしょう。

JAはといいますと、このように書いてあります。
「組合員の農業経営・技術指導や生活についてのアドバイスを行うほか、生産資材や生活に必要な資材の共同購入を行ったり、農産物を共同で販売したり、農業生産や生活に必要な共同利用施設の設置などを行っています。また、貯金の受け入れや融資を行う信用事業や万一の場合に備える共済事業などさまざまな事業や活動を行っています。」
つまり色々やってますよと。
農業指導、農業資材販売、野菜を買い上げ流通、さらには農家の銀行でもあると。


今回のこの新聞記事によりますと、中山間地域ではJAか郵貯しかないため、政策如何では郵貯に預金が流れてしまい、JAに預金されている金額が減ってしまっていますよと。
つまりこの感じだと直接的に困るのはJAですね。
そして結果的に親玉の農林中央金庫がこまってしまうということなのでしょう。

しかしなんだかいまいち釈然としない関係というか、構成というか。。。
要勉強です!



ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 知っておいて損はない!! - ジャンル : ビジネス

09:27  |  新聞記事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aimnext.blog58.fc2.com/tb.php/256-47a0794b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。