06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

肥料原料高騰の可能性

2010.02.19 (Fri)

今回も2月17日の日経記事を紹介します。

肥料原料価格、アジアで上昇 硫安や尿素2~5割高

 アジア市場で化学肥料原料の取引価格が上昇している。値上がりしているのは主要品目の硫安(硫酸アンモニウム)や尿素などで直近底値から2~5割高い。海外大手メーカーの減産や新興国の需要拡大が背景だ。海外価格の上昇が続けば全国農業協同組合連合会(全農)の国内の肥料販売価格に影響する可能性がある。農家のコスト増要因となりそうだ。

 肥料の3要素の1つ、窒素分を供給する硫安のアジア市場の取引価格は現在、1トン160ドルで2009年6月から45%上昇。尿素も同370ドルと08年秋から2割強高い。

 リン分を供給するリン安(リン酸アンモニウム)は現在、1トン450ドル超で直近底値をつけた08年秋から5割強高い。塩化カリウムは09年夏から下落基調がつづいていたが、カナダやロシアの大手メーカーの減産継続で相場に底入れ感が出ている。

 中国やインドを中心にしたアジアの需要拡大が価格を押し上げた。昨年夏ごろから肥料の引き合いが拡大し、「08年秋のリーマンショック以前の水準を回復した」(商社)。原油価格上昇による基礎原料の硫黄やアンモニアの値上がりも寄与した。

 足元も「中国の輸入増加に伴ない、先高になると見た輸入業者からスポット価格を上回る提示がある」(硫安大手の宇部興産)といい、値上がり貴重を保っている。

 国内の指標となる全農の09年度の販売価格は6年ぶりに下落したが、原料の値下がりに比べると小幅だった。このため10年度は1段安となるとの観測が出ていた。

 ただ、内需低迷で肥料各社の採算も低下しており、「現在、全農と交渉中の品目について大幅な値上げを要請中」(国内肥料大手)という。今後も海外で値上がりが続けば、国内価格の上昇圧力となるのは避けられない。



とのことです。
つまり国内では需要が低迷していたために最近肥料の値段がようやく下がり出してきていたのに、海外のメーカーの減産により価格がまた上昇しだしてしまうのでは?
ということです。

そもそも化学肥料って何だとう方もいると思うので簡単に説明しますと、植物栽培するうえで必要となる3大栄養素である窒素、リン酸、カリの成分を化学的に合成して作った肥料のことです。
つまるところ植物にとっての栄養剤みたいなものです。

さらに言いますと、化学肥料というのは俗には成分単体を言います。よく聞く化成肥料というのは、この3大栄養素を1つにまとめたものを言います。
しかしこの区分は正確には間違っていると思います。俗な表現です。

この化学肥料が必要となっているのは、土壌の事を考えずに生産量を増やすことのみを目的に、植物の栽培を毎年同じ場所で連続して行っていた結果、以前であれば自然に補えていた栄養分を補うことができなくなったというわけです。
 
結局のところ有機とは対極の位置にあるものです。
最近はこの化学肥料が結果的に土壌をダメにするということがわかってきており、土壌内の有機物に注目が集まっています。



とは言え、栄養剤であることは間違いないので、この化学肥料を上げておくと植物の成長は全く違います。
当然、私たちも使っています。

去年私たちは化成肥料20キロを\2000で購入していましたが、昔は\1000もしないで買えていたそうです。
半額です!!


いかに輸入に頼っているのかということが肥料で如実に現れていますね。




ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 知っておいて損はない!! - ジャンル : ビジネス

08:52  |  新聞記事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aimnext.blog58.fc2.com/tb.php/239-79c599e1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。