05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

今日の日経新聞

2010.02.16 (Tue)

今日は本日2/16の記事を紹介します。日経新聞12面の記事です。
可能な範囲で転写します。

ネット通販 あす開始 らでぃっしゅぼーや

有機・低農薬野菜の宅配などを手がけるらでぃっしゅぼーやは17日から、インターネット通販を始める。
これまで有料の会員制だったのが、一般消費者でも購入できる専門サイトを開設する。

ネット通販「eらでぃっしゅ」は野菜や魚介類などの食材と、洗剤などの日用品を約1000品目そろえる。
商品は順次追加し、最終的には会員向け宅日後同水準の7000品目程度まで増やす。
商品の価格は従来の会員向け宅配よりも若干高くなるが、入会金や年会費は無料とする。


とのことです。
正直らでぃっしゅぼーやというものがどのようなものなのかを理解していなかったのですが、そもそもは会員制の宅配サービスだったのですね。

チェックしてみましたところ、4週間のお試し期間中は無料で、5週目からは自動で本入会となり、入会金5,250円(税込)と年会費1,050円(税込)が必要となるそうです。
また送料は特定の地域は無料で配送になるようです。


なぜ一般消費者も取り込むことにしたのでしょうか?
一般消費者も購入できるようにすることによって、門戸を開き、いずれは会員となってもらいたいということでしょうか?
つまり現在は新規会員数が思うように増えていないということでしょうか。

また一般消費者を取り込むことにしたら、それまでの会員との明確な差別化をしなければ、それまで会員でいらっしゃった方は納得できません。
新聞記事内では一般消費者の価格が割高になるということしか言及していません。
おそらく送料無料のルールは適用されないのではと勝手に考えています。
実際通信販売のネックは高い配送料です。
それを消費者が負担してくれることで成り立つならば、企業にとっては嬉しい限りです。


入会金や年会費を無料にすることと、値段の割高で成り立つのか?
もし成り立つのなら、一般消費者への販売も事業の柱として考えるということです。
しかしそれは会員制という消費者に与える特別感を薄くすることになるのではないでしょうか。

あるいは身を削っての新規顧客の開拓なのか。
会員制ではない顧客が将来の会員となってくれることを見込み、一般消費者からは期待する利益は上げれないとするのか。
今まで通りの会員制を補完するための企画なのか。

これまで有機野菜の販売で注目を浴びてきたらでぃっしゅぼーやの変化は今後注目です!


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 知っておいて損はない!! - ジャンル : ビジネス

10:51  |  新聞記事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aimnext.blog58.fc2.com/tb.php/236-fa70ce33

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。