03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

循環型農業

2010.02.03 (Wed)

現在、いろいろな形の農業がありますが、その1つに「循環型農業」というものがあります。
資源循環型農業、環境循環型農業、自然循環型農業、完全循環型農業などと言われることもありますが、このようなものが現在すこしずつ注目されつつあります。

その名のとおり「循環」をメインとした農業です。
私たちも詳しい内容までは知らなかったのですが、先日資源循環型農業についてお話を聞くことが出来ました。
資源循環型農業とは、地域で出たものを地域へと循環して行くもので例をあげると
家庭・スーパー等で出た生ごみを使い堆肥化
その堆肥で農作物を作りそれがスーパーや家庭など
へと循環するようなモデルの事を言います。

このような生ごみなどを堆肥化する研究は多く行われており、まだ少量ですが資源循環型の堆肥なども流通されています。
また、社内食堂で出た生ごみを使っての堆肥化などといった小規模での資源循環もはじめている企業もあります。

循環型堆肥は、生ごみ等の廃棄物をリサイクルして使用するため、環境にも優しく環境問題解決への糸口となる可能性もあります。

しかし問題点もあります。
資源循環型堆肥を作ろうと思って大規模な施設を作ったものの、生ごみが余り集まらず、堆肥を大量に作ることが出来ずコストだけがかかってしまう。
また一般的に単価が安いため、流通コストの割合が高く、十分な流通が出来ていないなどと言った問題等もあります。

このような問題もありますが、環境問題や現在の農業問題などを考えるとこのような循環型農業というのはとても大切なキーワードになるのではないかと思います。
また農業にも関わらず循環型社会といった広い意味でもこれからは注目されていくのではないでしょうか?


現在、循環型農業に関する本なども多く出版されてきています。
興味がある方は、是非このような本も読んでみると循環型農業についてもっと詳しく分かると思います。

    だれでもできる楽しいミミズの飼い方―ミミズに学ぶ循環型社会    だれでもできる楽しいミミズの飼い方―ミミズに学ぶ循環型社会
    (2003/03)
    中村 好男

    商品詳細を見る


循環型社会の構築と農業経営循環型社会の構築と農業経営
(2007/09)
佐々木 市夫、

商品詳細を見る

テーマ : おすすめ - ジャンル : ビジネス

10:00  |  農業豆知識  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aimnext.blog58.fc2.com/tb.php/222-59022c77

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。