04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

珍しい野菜

2010.01.25 (Mon)

野菜と言ったらトマトやナス、ピーマン、キャベツなどとあげていくとキリがないほどたくさんの種類がありますが、近年西洋の野菜など珍しい野菜が増えてきています。

日本では全く見ないようなものから、普通のものと色が違うもの、形が違うものなどといった珍しい品種のものまで探して行くとたくさんあります。
1つの野菜でも、ホームセンターや種屋などに行くとたくさんの品種があり、買う時は選ぶのに迷ってしまうことが多々あります。

消費者の方で細かく品種までチェックして買い物している人はそこまで多くはないのでしょうが、生産者は品種もしっかり選ばなければなりません。
トマトの「桃太郎」ジャガイモの「メークイン」、「男爵」、「キタアカリ」などは聞いたことあるひとも多いのではないでしょうか?

生産者でも珍しいものを作りたいと言う人も多くいるとは思いますが、珍しいものを作るということは非常に難しいです。
栽培方法が確立されておらず、栽培が難しいなどの問題もありますが、やはり一番難しいのは販路です。

珍しい野菜を買ってみたいという人も確かにいるでしょうが、やはり多くの人は慣れ親しんだいつもの野菜を手にすることが多いのではないでしょうか?
珍しい野菜を買っても、調理方法も分からないし…、どんな味がするのかも分からない…
そう思ってなかなか手が出せない人も多いでしょう。


逆に私のように、珍しいものを見つけたらとりあえず買って見る、と言う方もいるとは思いますが(笑)

直売所などでは地元の人が作っている珍しい野菜などを見ることもよくありますが、やはり話を聞くとそこまで売上は良くないようです。

私たちも今年の栽培は、前回より野菜の種類・品種を増やし、珍しい野菜にもチャレンジしようと思っていますが、しっかりと計画を立てて栽培したいと思います。




ちなみに上にも書いたように私は珍しいものなど見たらついつい買ってしまう人です。
先日スーパーで、フリルレタス、アイスプラント、ロマネスコという野菜を買ってみたのですが非常に美味しかったのでオススメです。
201001210013263cd.jpg20100121001624d4a.jpg



ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:21  |  農業日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aimnext.blog58.fc2.com/tb.php/213-7d668c43

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。