08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ほうれん草が…

2009.12.08 (Tue)

先週の金曜日に畑に行ったのですが、成長が止まってしまったようで心配していたほうれん草にさらに異変が起きていました。。。

まずこちらが三週間前のほうれん草です。
200911191210000.jpg
成長はしていないもののまだ青々としています。

そしてこちらが先週の金曜日のほうれん草です。
IMG_2153.jpg
下のほうの葉が黄色変色してしまっています。
アップがこちらです。
IMG_2155.jpg
下のほうの葉が黄色くなってしまっているのが良くわかりますよね。
この状態が、先に植えたほうれん草の苗すべてに出てしまっています。

このように下の方の葉が変色してしまうことは今まで他の野菜を見てきた中でもありまして、しかもどの野菜でもみらられる現象でした。
しかし今回のほうれん草は何がおかしいかといいますと、まだ成長していないのに葉が変色してしまったことです。
いままで見て来たものは、①成長が始まってようやくしっかりしてきたなというころに最初の双葉が変色し枯れるか、②収穫のピークも終盤に差し掛かったころに苗の老朽化が始まり、下のほうの葉から徐々に変色して枯れていくことはありました。

このほうれん草は、おそらくですが、最初の双葉が枯れるといった雰囲気ではありません。
期間的にも双葉が云々というのは終わっているはずですし。
むしろ苗が老朽化してきたほうの枯れ方のような気がします。。。

原因として考えられるのは、
①寒さや日照不足による成長不良
②肥料不足のためになえの元気がなくなってしまっている
③ベト病(葉が黄色くなるというのはベト病の症状でもあります)

①はとても可能性の高いです。寒さは以前からですし、最近はコンスタントに雨が降るため、日照時間は少ないはずです。気象庁のデータを見てみても、ここ1ヶ月の日照時間は、北日本の一部を除いて軒並み平年以下になっているようです。平年比で60~80%程度しか日の出ていない地域も多く観られます。

また②はこの状態になるまでに化成肥料を2回上げたので、肥料が足りていないということはないかと思うのですが。。。

問題の③の可能性ですが、ベト病は葉にカビが形成されてしまうもので、葉が黄色く変色してしまう病気なのですが、ベト病は湿度が高くなってしまうとかかりやすいそうです。最近雨は多く、霜降りているでしょうし、可能性が全くないとは言い切れませんが、いかんせんベト病だと認識してみたことがないため、これがベト病なのかわかりません!湿度が高いということは梅雨の時期に多いものなのかなと勝手に想像しているのですが…。

とりあえずこのほうれん草はいよいよ期待が持てなくなってきたことは確かです。。。
成長せず、変色。そろそろ片付け時を考えたほうが良さそうです。。。


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:58  |  ほうれん草  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aimnext.blog58.fc2.com/tb.php/165-fc5a028d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。