09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

栽培、収穫時期のまとめ⑥ 中国野菜

2009.12.07 (Mon)

栽培、収穫時期のまとめ、第6弾です!
今回は中国野菜のカテゴリーをピックアップします!
中国野菜とは、青梗菜(シンゲンサイ)、パクチョイ、ターサイなどの野菜のことです。
チンゲンサイや空芯菜など、今ではおなじみの野菜ですが、実は1972年の日中国交正常化のころから普及し始めたといわれています。こんかい取り上げる中国野菜は基本育てやすく、家庭菜園向きといえます。暑さに強いものがいくつかありますので、最近温暖化傾向にある環境にとっては貴重なものになるかもしれません。

・チンゲンサイ(青梗菜)
 今や中国野菜の代名詞になっています。
 生育適温は20℃前後と冷涼な気候を好むが、暑さにも強く、土壌適応性も広い。
 ただ害虫の多い時期はしっかりとした害虫対策が必要です。
 (春撒き)               (秋撒き)
  播種時期…4月中旬~5月中        播種時期…8月中旬~10月中旬
  収穫時期…5月中旬~7月中旬       収穫時期…10月中~12月中旬
・ターサイ
 中国語でつぶれたの意味。平たい独特の形です。
 生育気温は18℃~20℃と冷涼は気候を好む。なので秋の種まきが向いている。
 (春撒き)               (秋撒き)
  播種時期…4月中~5月中旬        播種時期…8月中旬~10月中旬
  収穫時期…5月中旬~7月中旬       収穫時期…10月中~11月中
・エンサイ
 別名空芯菜、アサガオナ、ヨウサイと呼ばれています。
 高温多湿化でよく生長する野菜。中国では夏期にほうれん草の代わりになることもあるとか。
 調理の仕方は癖がないので油いためや胡麻和えに向くそうです。  
  播種時期…5月中~8月中旬
  収穫時期…6月中~10月中
・ツルムラサキ
 熱帯アジア原産の葉菜で、別名セイロンホウレンソウ。
 日本では染料や観賞用の利用が主である。暑さに強く、育てやすいので、栽培は広がってきている。
 長期間栽培可能で、若い茎葉を摘んで利用する。肥料と水はしっかりあげましょう。
  定植時期…5月中~6月中
  収穫時期…6月下旬~10月上旬
・トウミョウ
 エンドウの若芽を摘んで、食用にするもの。中国ではポピュラーな野菜。
 炒め物、てんぷら、汁の具などに使われる。酸性土壌に弱いので、石灰を撒いて酸度調整が必要である。
  (春撒き)               (秋撒き)
  播種時期…3月中旬~5月中旬       播種時期…8月中旬~11月中旬
  収穫時期…4月下旬~7月中旬       収穫時期…10月下旬~3月上旬
・ヒユナ
 熱帯アジア原産の葉菜で、別名ジャワホウレンソウ。
 若い株を収穫するか、大株にして若い芽を摘み取り収穫するかの2通りがある。
 葉はおひたしや汁の具などに利用し、種は食用や鳥の餌になる。
  播種時期…5月中~6月中旬
  収穫時期…6月中旬~10月中旬
・カイラン
 ブロッコリーの原型種が改良されて誕生したと考えられる。
 耐暑性が強く、真夏の高温期でも栽培可能である。収穫した花茎は炒め物などに利用される。
  定植時期…4月中旬~9月中旬
  収穫時期…6月下旬~11月中旬
・パクチョイ
 青梗菜と同種の野菜。葉柄の色が白いものがパクチョイ。
 原産地は中国で、昭和50年代に日本に導入されたが、あまり普及していない。
 暑さに強く、栽培期間も短いため、家庭菜園向きの野菜といえる。
  播種時期…5月中~9月中
  収穫時期…6月中旬~11月中
・セリフォン
 独特の辛味をもつ漬物によく利用される野菜。
 耐寒性、耐暑性が強く、また乾燥にも強い。葉は漬物、おひたし、汁の具、炒め物、サラダなどに利用する。
  播種時期…5月中~10月上旬
  収穫時期…7月中~12月中
・サイシン
 とう立ちした花蕾と花茎を利用する葉菜。
 高温期は害虫が多いが、下葉3枚を残して収穫し、肥料をやることで長期間収穫を楽しめる。
  播種時期…3月中旬~9月中旬
  収穫時期…5月中旬~11月中
・江都青長大根
 基本的に緑色の大根。3/4は緑色で、中も緑色をしている。
 収穫するころには大根の半分以上が地上に出ている。当然緑の部分は食べられます。
  播種時期…8月中旬~9月中旬
  収穫時期…10月中旬~11月中旬

中国野菜についていろいろと上げましたが、正直聞きなれない名前の野菜が多いですよね。中華料理屋さんでは無意識のうちに口にしているのでしょうか。どれも栽培しやすいものが多いですし、また見たことのないものや、珍しいものもあるので、その辺りも楽しみながら栽培してはいかがでしょうか?

ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:45  |  栽培時期まとめ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aimnext.blog58.fc2.com/tb.php/164-4cb6cdf9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。