06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

綺麗な小松菜

2009.11.20 (Fri)

大分大きくなってきて、もう十分食べられるようになった小松菜ですが、やはり葉物というのは害虫被害をどうするかが大変です。
若干の農薬なども使ってはいるのですが、それでも害虫被害を抑えるのは難しいことです。

先日のセミナーでも害虫駆除についての話を聞きましたが、科学農薬に頼っても全ての害虫を殺すことは出来ず、残った害虫は耐性を持ってしまうので、また新たな農薬が必要になってしまう。
このようないたちごっこの状態になってしまうわけです。

そのセミナーでは
蜂の利用
天敵の利用
物理的防除
(フィルム、ネット、etc)
などを利用して、対策をしているとのことでしたが、小規模で栽培をするのにそのようなコストをかけるわけには行きません。

しかし、害虫も寒くなれば減ってきます
栽培時期を少し変えるだけで害虫被害の様子が変わることもあります。

私たちはそこまで考えて栽培したわけでは無いのですが・・・
その様子が畑で再現されていました。


まず下の画像が9月15日に種を蒔いた小松菜です。
200911191209002.jpg

画像を見て分かるとおりに害虫によってかなり葉を食べられています。
市場などに出すのは無理なレベルですね。
味に問題は無くとも葉がここまで穴だらけだとやはり取り扱ってくれないところがほとんどでしょう。

そして次の画像が9月21日に種を蒔いた小松菜です。
200911191209003.jpg

見事な小松菜が出来ています。
画像を見るだけで害虫被害の差がよく分かりますね。

たった6日種蒔きを遅らせただけでここまで害虫被害に差が出るのですね。
いつ種を蒔くかというのは今までの経験や、天候状況などによって人それぞれでしょうが、1つの野菜を一気に作らず、何回かにわけて種蒔きを行うというのも良い方法かもしれませんね。



ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:41  |  小松菜  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aimnext.blog58.fc2.com/tb.php/146-6004cb96

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。