07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

栽培時期④香味野菜、ハーブ

2009.11.11 (Wed)

栽培、収穫時期のまとめ、第4弾です!
今回はハーブ、香草野菜をピックアップしていきます!
香草野菜は、色や香り、その成分で私たちの食卓を鮮やかに豊かにしてくれます。
日本では、シソ、ミョウガ、ミツバなどを栽培してきましたが、
近年欧米からさまざまなハーブ類が導入されてきています。
今回はその両方をまとめてご紹介します。

・唐辛子
 ナス科の代表的な香辛野菜。さまざまな色があるのが特徴。
 高温性で栽培しやすいが、ナス科の連作障害のため4~5年は休栽が必要。
  定植時期…4月中旬~5月中旬
  収穫時期…6月下旬~10月中
・ショウガ
 食欲増進や殺菌効果が珍重されてた香辛野菜。肥大した根茎を食用にする。
 寒さには弱く、連作障害にも気をつけたい。収穫時期によって、筆ショウガ、
 葉ショウガ、根ショウガに分類される

  定植時期…4月中旬~5月中旬
  (筆ショウガ、葉ショウガ)       (根ショウガ)
  収穫時期…7月中~8月中      収穫時期…10月中旬~11月中旬
・シソ
 古くから日本人に利用されてきた野菜。葉色で赤シソ、青シソ、
 葉の表面が平らなものと、縮れたもので区別される。大葉と呼ぶ葉シソ、
 双葉を使う芽ジソ、3割開花した花穂を利用する穂シソ、シソの実を漬物にする
 扱き穂など、シソの収穫対象は幅広い。
       
  定植時期…5月中~6月中旬
  収穫時期…6月中旬~9月中
・ニンニク
 世界三大香辛料の1つで、中央アジア原産の野菜。
 生育適温が18~20℃なので、栽培地域にあった品種を選ぶことが重要。
 無臭ニンニクは比較的栽培が容易をされる。
  定植時期…9月中旬~10月中
  収穫時期…6月中
・ワケギ
 薬味として鍋物や麺類に欠かせないユリ科の多年草。
 ネギとシャロットの雑種であることが近年判明。
  定植時期…8月中旬~9月中
  収穫時期…10月中~12月中旬、(翌年)3月中旬~5月上旬
・ミツバ
 日本原産のセリ科の多年草。特有の香りが日本料理に利用される。
 栽培の仕方や出荷方法で切りミツバ、根ミツバ、糸ミツバに分類される。
 どこでもよく育ち、手がかからない野菜。播種(ハシュ)とは種まきのこと。
  播種時期…4月中~9月中旬
  収穫時期…6月中~11月中旬
・パセリ
 葉の縮れ具合によって縮葉種と平葉種に分けられる。日本では縮葉種が主流。
 栽培は比較的簡単なので、日当たりと土づくりで十分育つ。
   (春まき)                    (秋まき)
  定植時期…3月中旬~5月中旬       定植時期…8月中旬~9月中旬
  収穫時期…5月~9月中旬          収穫時期…9月中旬~12月中
・ミョウガ
 日陰でもよく育つ日本原産のショウガ科の多年草。
 花蕾を利用する花ミョウガと新芽を軟化したミョウガタケがある。
 1度収穫した後も地下茎にお礼肥え(追肥のこと)をすることで翌年7月にまた収穫できる。
  定植時期…3月下旬~4月中
  収穫時期…9月~10月中旬
・バジル
 独特の香りがパスタなどのイタリア料理に利用されている。
 蕾が見え出したら摘蕾(テキライ;蕾をとってしまうこと)することで葉の品質を保ちます。
 播種(ハシュ)とは種まきのことです。
  播種時期…4月中旬~6月中旬
  定植時期…5月中旬~7月中
  収穫時期…6月中旬~10月中旬
・ルッコラ
 別名ロケット。古代ギリシャ・ローマの時代から利用されている。
 開花した花は彩りに、若い葉はサラダの材料に利用されている。
  (春まき)                    (秋まき)
  播種時期…4月中~7月上旬        播種時期…9月中~10月中
  収穫時期…5月上旬~8月中旬       収穫時期…10月上旬~12月中
・セージ
 和名は薬用サルビア。ヨーロッパでは古くから利用されてきた野菜。
 生葉ならいつの収穫でも良いが、乾燥葉は開花前に1回、2年目以降は年に2,3回収穫する。
  定植時期…4月中旬~5月中
  収穫時期…7月中~10月中

どれもなじみのある野菜ばかりですね。
この香草類の特徴としては、
①一つの野菜でもいろいろの収穫時期を楽しむことが出来る野菜が多いことでしょうか。
②また主に葉を使用する香草類は丈夫で育てやすいものが多い印象です。
 苗自体もそれほど大きくならないので、ベランダ栽培にも向いています。
③このハーブ類の野菜はコンパニオンプランツとしても利用されることが多いようです。
 トマトのとなりにバジルを植えるなどは代表的な組み合わせです。
いろいろな香草を栽培してみて食卓を彩りましょう!


テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:04  |  栽培時期まとめ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aimnext.blog58.fc2.com/tb.php/136-551699bc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。