スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

カリフラワーの種まき

2009.08.05 (Wed)

ブロッコリーに続きまして、
カリフラワーの種もまきました。
ブロッコリーと同じように発芽用ポットと卵パックを使っての種まきです。

しかし最初に種の袋を開けてみてびっくりしたのが、種の色です!
ブロッコリーは緑色に消毒で塗られていた種だったのですが、、
カリフラワーの場合、
ブロッコリーとサイズは似たようなものでも危険な色でした。こちら。
IMGP1029.jpg
柔らかそうな手・・・ではなく、
この種の色の何が危険かといいますと、
あまりにも土に色が似ていることです。
植えるにあたって土の上においたのは良いですが、
小ささに加えて、この色なので、どこにおいたのかわからないこともしばしば。
もしも転んで種をばら撒いてしまった日には
もはや回収することはできない、サイズに色です。

1箇所に気づかず2個まいてしまっていることもありそうな中、
無事に終了した様子がこちら。
IMGP1030.jpgIMGP1031.jpg
ブロッコリーのときとなんら変わりませんが。。。

そしてブロッコリーの教訓を踏まえ今回は最初からこちらに安置しました。
IMGP1032.jpg
今回はサトイモの葉の下で
少しでも多くの種が発芽してくれることを願うばかりです。

スポンサーサイト
11:38  |  カリフラワー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。