スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

トウモロコシの作り方①

2009.07.31 (Fri)

トウモロコシは日当たりの良い場所を好み、生育適温は25~30度です。


1.種蒔き
畝幅80cm、株間30cmくらいで2条植えします。
黒マルチを敷き、30cm間隔でマルチカッターや空き缶などを使ってマルチに穴を開けます。
マルチの敷き方、穴の開け方等は次回改めて説明します。
穴を開けた場所に種を3粒それぞれ離して蒔き、覆土し上からしっかり押さえつけます。


2.間引き
草丈が10~15cmくらいで、本場が1,2枚の頃に生育の悪い苗を間引きをします。
草丈が30cmくらいになったら、さらに生育の悪い苗を間引いて1本立ちにします。
2本立ち、3本立ちで育てることも可能ですが、肥料を多く必要とするので、土壌をしっかり作る必要があります。
IMGP0805.jpg
写真は2本立ちした場合のものです。


3.追肥
種蒔きから1ヶ月後に肥料を追肥、雄穂と雌穂が確認できるくらいになったらさらに肥料を追肥しましょう。
IMGP0979.jpgIMGP0998.jpg

この写真くらいに開花してきたら、株を揺すって雄穂の花粉を雌穂にかけると良いです。
ちなみに雄穂(ゆうすい)、雌穂(しすい)と読みます。


4.収穫
雌穂の色が茶色く枯れてきたくらいが収穫の適期です。



5.保存方法
トウモロコシは収穫後も生命活動が盛んなため、時間とともに味が低下していきます。
出来れば早めに食べるのが良いでしょう。
保存する場合は、皮をつけたまま冷凍保存すると良いです。
解凍は皮ごと蒸してやると、風味も出て美味しく食べることが出来ます。

スポンサーサイト

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

14:08  |  トウモロコシ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。