08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ニラがもどってきました

2010.07.18 (Sun)

今回の栽培は初めての野菜ばかりなので、全てがうまくいくとは限りません。
この野菜は駄目かも、と思うこともあります。

その中でも今回もう無理だとろうと思ったのがニラです。
前回の記事を見ればわかるのですが、6月頭では特に問題は無かったのです→前回の記事はこちら
IMG_3019.jpg

これが約1ヶ月半経って、どうなっていたかと言うと…
こうなっていました。
IMG_0108.jpg

真ん中付近に見える支柱がニラの列の目印です。
手前から奥までニラが蒔かれていたところです。
全くもってニラが見えません!


この状態が1ヶ月近く続いており、しかしなかなか時間をとることが出来なかったので殆ど諦め気味でした。
しかし一斉に畑の雑草取りを行い、この何も見えなかったニラゾーンも全て草を刈り取りました。
果たしてニラは生きていたのか!?
スポンサーサイト

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:00  |  ニラ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ニラの発芽

2010.06.08 (Tue)

かなり時期が遅くなってしまったニラですが、無事に発芽していました。
一般的には4月の中旬くらいまでには種蒔きを済ませるらしいのですが、私たちが種を蒔いたのは5月6日。

この遅れがどう影響してしまうのか心配ですが、3、4月が大分寒かったので5月蒔きでも特に問題ないのでしょうか?
そんなことを思いながらもニラは元気に成長中です。

栽培開始から21日。こちらが発芽した時の画像になります。
DSCF0919.jpg

気づいたら結構な大きさになっていました。
週1回ペースで畑に行っていたので、この様子だと2,3日前の発芽でしょうか?

発芽まで時間がかかったので少し心配だったのですが、ニラ自体発芽は遅いそうで、一般的には種を蒔いてから2週間程度で芽が出るそうです。

そしてこれからさらに1週間、栽培から27日後の画像がこちら。
IMG_3019.jpg

背丈は余り伸びていませんが、心なしか以前より元気な気がします。
もう少し成長したら間引きが必要になってきますね。

しかしこのニラですが、栽培に関してはかなり扱いしやすい野菜になります。
まず、冬を越すことが出来るので、1回種を蒔いてしまえばそのまま4,5年は収穫を続けることが出来ます
しかも根元から刈り取って収穫するために、収穫後も再度成長して行き年に1年に3,4回の収穫を見込めます
また、日光を余り必要としない植物で、スペースも余りとらないので背の高い野菜の隣に植えることも可能です

さらになんといってもニラはコンパニオンプランツで重宝します。
ナス・トマト・ピーマン・ジャガイモ・シシトウなどと相性が良いとされ、これらの株元に植えることによってお互い差の栽培が促進されます。
またニラの持つ独特の臭いが、害虫対策にもなり、色々な野菜のコンパニオンプランツとして使うことが出来ます


しかし一方ではマメ科の植物とは相性が悪いという説もあるので注意が必要です。
コンパニオンプランツに関しては未だに謎が多いので、色々と検証していきたいですね。


料理には欠かせないニラ。
早く収穫して味を確かめたいところです。
次回間引きした小さいサイズのニラでも食べてみることにします。


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:25  |  ニラ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ニラの種蒔き

2010.05.09 (Sun)

多少時期が遅くなりましたが、ニラの種を蒔きました。

料理には欠かせないニラですが、ニラは初心者にもかなりオススメ野菜です。
まず、栽培方法に関して特に難しくないという点もありますが、なんといっても収穫回数と収穫期間が長いです。
一度栽培を始めると、葉の部分だけ収穫すれば、2~30日程度で再生し年に5,6回収穫することが出来ます。


また積雪地方でも越冬することができるため、5,6年程度続けて収穫することが出来ます。
上手くいけば6年間6回の収穫、合計36回収穫することが出来るような凄い作物です。

それではいつも通り種の説明から。
今回、超広幅ニラ、グリーンロードという2種類のニラを栽培予定だったのですが、グリーンロードの種がまだ届いていないため、今回は超広幅ニラのみ種を蒔きました。
種の写真はこちら
DSCF0648.jpgDSCF0650.jpg

ポットに蒔いて、移植でも栽培出来るのですが、種蒔き時期が遅れ大分暖かくなってきたため、今回は畑に直播していきました。
耕したのが1ヶ月以上前で地面が固くなっているため、まずは鍬で耕して土を軟らかくします。
DSCF0646.jpg

雑草も生えてきていたため同時に雑草もとっていきます。
そして支柱で真っ直ぐ先を引いていきます。
固い土だと大変ですが、しっかり耕した後の土だと簡単に線を引いていくことが出来ます。
DSCF0647.jpg

そしてここに種を筋蒔きしていきます。
1cm間隔程度で蒔いていければベストですが、種が小さいため、機械やピンセットなどを使わないと難しいです。
そこまでコストをかけるわけにも行かないので、指の感触を頼りに種を蒔いていきます。
DSCF0651.jpg

その後、土を被せ、水をやればニラの種蒔き終了。

DSCF0654.jpg

栽培時期が遅れたのがちょっと不安ですが、ニラはとても強い作物です。
立派になって収穫出来る時を楽しみに待ちたいと思います。


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:00  |  ニラ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。