08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

生姜の成長

2010.08.03 (Tue)

発芽以来1ヶ月半近く記事に取り上げていなかった生姜
成長はゆっくりですが少しずつ大きくなってきています。

発芽後から順に追っていきましょう。

植え付けから70日、発芽から12日後の様子です。
DSCF7412.jpg

発芽まではかなりの時間がかかりましたが、それ以降の成長ペースはそこまで悪くないようです。
2週間足らずで結構な大きさに成長していました。

しかし、発芽率に関してはそこまで高いとは言えません。
率にして7割くらいでしょうか?
発芽の様子が見れないところを少し掘り返してみると、腐れてしまっている生姜の種芋が出てきました。
DSCF7538.jpg

真ん中にすっぽり穴があいています。
腐れて穴があいてしまったのか、若しくは害虫が食べてしまったのか。
定かではありませんが、発芽していないところはこのような状態になっていることが多いようです。

植え付けから84日、発芽から26日後の画像がこちら。
IMG_0168.jpg

大分成長してきました。
葉が綺麗に開いています。

そして植え付けから100日、発芽から42日後
の画像がこちら。
IMG_4071.jpg

発芽後、順調に成長してきましたが、ここにきて成長速度が遅くなった気がします。
しかし葉の色は大分変わっています。
今までは薄い黄緑といったような色だったのですが、かなり緑が濃くなっています。
ですが、先の方は黄色くなっており、余り元気がいいようにいは見えません。
害虫に食べられたあとも少々見られます。


さて、ここまで成長してきましたが問題となるのが収穫のタイミング
生姜には、筆生姜(矢生姜)、谷中生姜(葉生姜)、新生姜(根生姜)などとありますが、これらは品種の名前ではなく、収穫のタイミングで分けられています。

葉が3,4枚程度の時に、古根を残してかき取ったものが筆生姜
新しい根が少し大きくなった頃に抜き取ったものが谷中生姜
霜が降りる前に根が十分肥大したものを取ったものが新生姜

となります。
一般的には7月中旬辺りに筆生姜、8、9月辺りに谷中生姜、10、11月にかけて新生姜の収穫が可能となっています。

私たちの畑でも既に筆生姜、谷中生姜などは採れる時期です。
これから徐々に収穫していくか…、それとも新生姜になるのを待つべきか…

悩みどころです。


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ
スポンサーサイト

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:36  |  生姜  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

生姜の発芽

2010.06.23 (Wed)

大分前に植えた生姜ですが、やっと芽が出てきました!!
こちらがその画像です。
IMG_3442.jpg

まだまだ発芽したばかりでちいさいですが、やっと発芽してくれました。
実に種芋を植えてから58日です。

ウコンと同じく、なかなか発芽してくれず心配だったのですがこれで一安心。
探してみるともう少し成長している芽も見つけました。
DSCF7046.jpg

これで今まで蒔いた種は全て発芽が確認されました。
初めての野菜ばかりで、どのように作業すればいいのか、栽培が遅れてるのか早いのか、などと苦労することも多々ありました。
しかし発芽、植え付けさえ終われば後は管理して見守るだけ。
忙しかった畑作業も一旦落ち着きを取り戻します。


…と思いたいのですが、これからが一番忙しい時期です。
なんといってもこの時期の雑草の成長の早さはとんでもありません。
少し放置していたらこのように…
DSCF7027.jpg

7月以降ここにニンジンやブロッコリーなどと言った野菜を植えていくわけですが、既に草むらと化してます。
最近は畑での作業も週に1回程度だったので、ほとんど雑草の処理は出来ていませんでした。

しかしこの時期はひたすら草取りと収穫になります。
取っても取っても次から次へと生えてくる雑草だけはどうしようもありません。
またナスやキュウリ、ピーマン、トマトなども収穫しきれないほどたくさんの量が出来ます。
さらにこの時期は暑さの問題もあります。

真夏の暑い日に1日中農作業というのはかなりきついです。
軽いめまいやふらふらすることは去年も多々あったような気がします。

作業時間をずらしたり、暑い時間は別のことをするなどと言った対策も考えないといけないかもしれません。


梅雨が開けたら本格的な夏が来ます。
夏はたくさんの野菜が採れる季節。
その分仕事もやることがいっぱいです。

畑の管理や体調管理なども含めてしっかりと計画をたて、栽培・収穫を行おうと思います。


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:00  |  生姜  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

生姜の植え付け

2010.04.21 (Wed)

今回は生姜の植え付けを行いました。

栽培するのは三洲生姜近江生姜の2種類。
左の画像が三洲生姜、右の画像が近江生姜になります。
DSCF0181.jpgDSCF0177.jpg

三洲生姜はこのままでもいいのですが、近江生姜は非常に大きいため包丁でカットしました。
三洲生姜も大きいものは半分にカット。
目安としては大体親指2本分程度の大きさになるように切っていきます。
DSCF0178.jpg

栽培方法ですが、まず鍬で土を寄せ簡単な畝を作ります。
DSCF0218.jpg

次に20cm間隔で穴を掘っていきます。
深さは5~7cm程度が丁度いいらしいです。
DSCF0222.jpg

そしてこの穴に生姜を1つずつ入れていきます。
出来るだけ芽が上になるように置いて行きましょう。
DSCF0224.jpg

最後に土をかぶせれば完成。
DSCF0226.jpg

生姜は植え付けから約2ヵ月後に収穫出来る筆生姜、3ヶ月後に収穫出来る葉生姜、5ヶ月後に収穫出来る根生姜と3回収穫を楽しむことが出来ます。
どれも美味しいのでそれぞれの時期にすこしずつ収穫していくと長期間栽培を楽しむことが出来ます。

まだまだ植え始めですが今後の成長に期待です。


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:33  |  生姜  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。