10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

サトイモを収穫したいのですが…②

2010.10.21 (Thu)

昨日に引き続きサトイモの経過を追ってみます。

9月8日に恵みの台風が襲来。
畑を潤してくれました。

そしてその後サトイモはどのようになっているのか!

9月10日時点。
IMG_910.jpg
雨のおかげでサトイモの後退は止まったようですが、雑草もかなり増えています。

9月21日時点。
IMG_9211.jpgIMG_9212.jpg
かろうじて葉が残っている感じは変わりません。
根元は枯れてしまった茎の後が痛々しく残っています。

9月29日時点。
IMG_929.jpg
よく見ると、真ん中から新たな葉らしきものが出てきています。

10月5日時点。
IMG_1005.jpg
この時期にきてまさかの新たな葉が沢山出てきています。
夏場に成長できなかった分を巻き返すかのように、背丈の低い葉が増えています。

10月18日時点の根元です。
IMG_1018.jpg
かなりたくさんの茎がでてきています。
ただどの茎も細いですし、背丈も膝丈程度にしかなっていません。


本来なら大きな葉が徐々に黄色くなり枯れだす時期。
逆に若い新しい芽が出てきてしまっています。


どうしたものか。。。
今年の収穫量が見込めないことは確実ですし、収穫時期もいつになることやら。。。

収穫前に今年のサトイモは失敗と言えそうです。。。


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ
スポンサーサイト

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:00  |  サトイモ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

サトイモを収穫したいのですが…①

2010.10.20 (Wed)

そろそろサトイモ収獲の季節です。

しかしある理由のために収穫できないでいます。

サトイモの収穫の目安は葉を見ます。
葉が枯れてきたらサトイモの収穫の目安です。


しかし一向に葉が枯れてくる様子がありません。
というよりも最近むしろ元気になって新しい葉をつけ出しています。


そもそもの原因は夏場にありました。
今年、関東地方の平野部では夕立が少なく、農地がカラカラに枯れていました。


その乾燥が夏野菜に大きな打撃を与え、秋野菜の植え付け時期にも影響を与えました。
それが最近の野菜価格の高騰の原因の一つです。


乾燥の被害はサトイモも例外なくうけてしまいました。

サトイモは夏場特に水分を欲しがる根菜です。
そんなサトイモに対し、私たちは近くに水場がなく十分に水をやれず、また他の夏野菜の収獲に追われ、ちゃんとした世話ができませんでした。


夏場の様子を写真で追ってみます。

7月21日の時点。
IMG_721.jpg
まだまだ元気です。背丈も1m程に成長していました。

8月4日の時点。
IMG_0804.jpg
まだ元気ですが、畑の地面がカラカラなのが分かります。

8月20日時点。
IMG_820.jpg
一部に葉が黄色くなり枯れだしてしまっているものが出ています。

8月26日時点。
IMG_826.jpg
いよいよ枯れだしてしまっています。
この時期は本当に水分不足で、使わしてもらっている井戸水も干上がってしまっていました。

9月2日時点。
IMG_902.jpg
大きく育っていた株にも乾燥の影響が。。
周囲の葉が枯れだしています。

そして9月7日時点。
IMG_907.jpg
とうとう枯れてしまいました。
去年は何もせずに問題なく育ったため、まさかの状態です。

そしてこの次の日、9月8日に恵みの台風によって雨が降ったのです。。。


そこから最近の様子はまた明日の記事で紹介します。



ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:00  |  サトイモ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

サトイモの茎の色

2010.07.17 (Sat)

サトイモに関しては、予想していた場所とは違うところから芽が出てきてしまったと前の記事で紹介しました。
その時の記事はこちら→サトイモ

早いものであれからほぼ1ヶ月半が経ちました。
あれからどうなったのかというと…
こちらです。
IMG_3587.jpg
植え付けからちょうど三ヶ月です。


これではまずい!ということで、雑草取りました!!
こちらです。
IMG_0527.jpg
綺麗サッパリです!!
まさか同じ場所だとは思えません。。。

ちなみに最初の写真から1週間経った、植え付けから3ヶ月と1週間後です。
どれもそれなりに順調な成長に見えます。
こうしてよく見えるようになると、違いもよくわかります。

茎の色が違うのです。
見てみましょう。
まず八頭という大きな塊のサトイモ。
IMG_0528.jpg

次は土垂という一般的なサツマイモです。
IMG_0529.jpg

最後はセレベスです。一部が赤いサトイモです。
IMG_0530.jpg

こんなにも差が出るんですね!
面白いです。

ただ思ったよりも茎が細いので、雑草のせいか、地力のせいか、両方のせいか、生育が必ずしも順調とは言えません。。。
頑張れサトイモ!



ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

09:27  |  サトイモ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

サトイモの芽が出ていたのですが・・・

2010.06.05 (Sat)

4月に植えたサトイモですが、植えつけた場所でなかなか芽が出てこず、どうしたのだろうと思っていました。

そして先日、農家の先生が私たちがやらしてもらっている畑に来たので相談しました。


Sミズ「ここら辺に植えたんですが、芽が出てこないんですよ。何が理由ですかね?」

先生「ふーん・・・そこに出てるよ。」


へ?!
先生が指さすところを見てみました…。

普通に芽がでています!!
しかも予定していのとは違う場所から!!


本当は畝(盛り上げた土)の真ん中から芽が出てくるように植えたのですが、その畝の1列横から芽が出てきています!!
こちらがその写真です。
IMG_3024.jpg
若干わかりにくいのですが、本当はこの右側に芽が一列に並ぶことを予定して植えたはずなのですが。。。
何があったのでしょうか。。。
きっと今まで気づかずに踏んでいたのではないかと思います。

アップです。
IMG_3026.jpg

こちらは葉が一枚枯れてしまっているようです。
IMG_3025.jpg
私たちが踏んでいたのが原因かもしれません。。。

結論です。
芽がいつになっても出てきていなかった理由は…

探している場所には植わっていなかったからでした!!

なんでこのような事になってしまったのかは定かではありませんが、最初に目印的な長い紐を用意していなかったことが原因だと考えられます。
気づいたら曲がって植えてしまっていたのではないでしょうか。
あるいは芽自体が曲がって出てきたか。
収穫してみないことには答えは出なそうです。

去年もサトイモは栽培していたのですが、植え付けを自分たちでやっていなかったため、実際に芽を見たのは初めてでした。
種芋の植え付けから約2ヶ月弱での発芽となりました。
芽の段階から、かなりしっかりとした、いかにもサトイモ!という芽です。

予定外の場所から芽が出ていますが、結果畝と畝の間から出てきいるので、夏場に水が必要なサトイモにとっては結果的に水がたまりやすくなって良かったかもしれません(笑)



ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:13  |  サトイモ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

サトイモ植え付け

2010.04.12 (Mon)

前回のウコンに続き、サトイモの植え付けです。

サトイモには大きく分けて子芋を食べる種類、親芋を食べる種類、親芋・子芋の両方を食べる種類、茎を食べる種類4種類に分けられます。
今回は、子芋を食べる種類の「土垂れ」、親芋・子芋の両方を食べる種類の「八つ頭」、「セレベス」という3種類の植え付けをしました。

まず種芋ですが、3種類とも色が違います。
土垂れは一番色が薄い茶色のような色で、そのまま食べても非常に美味しそうです。
また、八つ頭は土垂れより少し濃い茶色で、周りの皮?が多くついています。
セレベスは完全に黒よりの色をしており、赤みがかった芽が出てきていました。


下の画像の左から土垂れ、八つ頭、セレベスになります。
DSCF0036.jpgDSCF0039.jpgDSCF0043.jpg
どれも大きさは同じくらいでした。

植え付け方法ですが、深さ15cm、幅15cmを目安に鍬で溝を作ります。
※鍬の幅が大体15cmであるのでそれを目安にすると良いでしょう
DSCF0049.jpg

株間は40~45cmくらいが普通ですが、昨年の栽培時30cmで問題なかったため、今年も株間30cmで植え付けをしました。
下の画像のように等間隔に種芋を置いていきます。
DSCF0052.jpg

そして種芋と種芋の間に化成肥料を一掴み程度
DSCF0055.jpg

後は掘った分の土を被せ、最後に鍬の背などを使い被せた土を軽く押さえて植え付け終了。
DSCF0059.jpgDSCF0063.jpg

里芋は水を多く欲する植物なので、最後に水をたっぷり上げましょう。
また畝の横などに溝を作って、雨水などが溜まりやすいようにするのも良いらしいです。


昨年は美味しいと大好評だったサトイモ。
今年も美味しいサトイモが出来るようにしっかりと育てていきたいです。


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:34  |  サトイモ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。