08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ズッキーニの成長

2010.07.02 (Fri)

アルミホイルで何とかウリハムシ対策を行ったズッキーニですが、成長が芳しくありません
対策をするのが遅かったのか、今では余りウリハムシは見ないのですが、小さいまま成長しない株がかなりの数あります。

現在のズッキーニの様子はこのような感じです。
DSCF7319.jpgDSCF7320.jpg

右の画像のように既に大きくなっているものは心配なく元気に育っているのですが、左のように成長が遅いものはこの段階からほぼ成長がストップしてしまっています。
割合としては半分程度がまだ小さく成長が心配な状態です。
ズッキーニの生命力を信じて見守るしかありませんね。

しかし大きく育っているものには既に実が出来ているものがいくつかありました。
IMG_3520.jpg

こちらはダイナーという品種のズッキーニになります。
このように真っ直ぐ実が育っています。
既に収穫もいくつかは出来るサイズにまで成長していました。
ズッキーニは1苗から結構な数が収穫できるので1度なりだしてしまえばかなりの数の収穫が期待できます。

IMG_3525.jpg

こちらは黄色いズッキーニ、オーラムです。
まだ小さいですが、しっかりと成長しています。
しかしダイナーと同じタイミングで栽培を始めたのですが、明らかにダイナーより成長速度は遅れています。
品種による成長の違いでしょうか?原因はわかりません


ズッキーニは成長が早いので、実ができ始めたら1週間も経たずに収穫になります。
来週には緑と黄色のカラフルなズッキーニが採れることでしょう。

これからどんどん夏野菜の収穫が増えてきます。
トマトの黄色オレンジに、ピーマンの、ナスは白緑
あと少しすると、かなり色鮮やかな収穫ができそうですね。

収穫作業というものもかなり大変ではありますが、自分たちが作った野菜が出来たとなると嬉しさも当然かなり高いです。
来週には色鮮やかなたくさんの野菜を収穫できるよう頑張っていきたいと思います。


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ
スポンサーサイト

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:17  |  ズッキーニ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ズッキーニ+バジルのコンパニオンプランツ

2010.06.21 (Mon)

私たちの畑では普通の栽培ゾーンの他に、一部コンパニオンプランツゾーンを作ってコンパニオンプランツを試しています。→コンパニオンプランツとは
今回はズッキーニとバジルのコンパニオンプランツを行ったので紹介していきます。

まずはズッキーニ。
ウリハムシの被害で、元気なものと元気でないものの差が激しいのですが、何とか成長している感じです。
元気なものは小さな実もなりつつあります。
DSCF6853.jpg

出来ればもう少し早く行いたかったのですが、予想以上に成長に時間がかかってしまったバジル。
まだ定植適期では無いのですが、このままではコンパニオンプランツが試せずに収穫期に入ってしまう可能性があったため、思い切って定植しました。

こちらがバジルの苗になります。
DSCF7076.jpg

種を蒔いてから42日経つのですが、蒔き方が悪かったのか、時期が悪かったのか…。かなり成長が遅れていました。
それでもズッキーニのために頑張ってもらうしかありません。
早速植え付けを行っていきます。

今回は、ズッキーニとズッキーニの間に1,2苗ずつ植えていきました。

まずは雑草が多かったので雑草取りから。

普通栽培ゾーンは藁を敷いているので余り雑草は生えていないのですが、藁を敷いていないコンパニオンプランツゾーンはかなりの雑草が生えています。
こちらにも早く藁を敷いてあげたかったのですが、今までバジルの定植が出来なかったため、藁も敷けずにいたのです。
DSCF7064.jpg

鎌で簡単に雑草を取り除き、株と株の間に穴をあけて植える準備完了。
1ポットに2~5苗くらいの量があるため、ポットから出して根をほぐして1苗1苗植えていきます。
まだまだ小さいせいか根もそこまで這ってはいない様子。
定植するのは少し心配ですね…
DSCF7079.jpg

しかし害虫などに効果があるとされているバジルですが、その匂いはさすがです。
まだこんなに小さいのですが、バジルの香りがかなり強いです。

害虫防止のため活躍してくれることを願いながらも定植
DSCF7082.jpg

比較的大きな苗は1本ずつ、まだ小さいなという苗は2本ずつ植えていきました。
こちらが定植後の画像です。
DSCF7086.jpg

ズッキーニと比べるとかなり小さいですが、間にちょこんと緑を見せているのがパセリです。

今後お互いの成長や、害虫について、ホントに効果があるのか試してみたいと思います。

ズッキーニにバジル。
大きく成長して収穫出来る日が楽しみです。


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:41  |  ズッキーニ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ズッキーニのウリハムシ対策

2010.06.16 (Wed)

以前からウリ科の野菜、私たちの畑では主にキュウリとズッキーニの葉を食害されていました。

その犯人はウリハムシ!
IMG_3255.jpg

昼間の熱い時間帯はかなり元気に飛び回り捕まえるのは一苦労ですが、朝方や夕方で涼しいと動きが鈍るので退治しやすいです。
とはいえ全部を退治するのは不可能な数のウリハムシが飛び交っています。


そんな中、とにかく成虫だけでもなんとか対策ができないかと言うことで、調べたなかでなるべく簡単で、リーズナブルな方法を選びました。
それはアルミホイル対策です!

なぜアルミホイルかと言いますと、ウリハムシはキラキラと光ってまぶしいものが苦手だそうで、アルミホイルに限らず、ホームセンターで鳥対策用に売られているようなキラキラテープでも効果があるらしいのです。

正直半信半疑ではありましたが、近くのケーヨーデーツーにて安く売っていたので、8メートルのアルミホイルを購入しました。
まあ一般家庭での普通のサイズです。


どのくらい効果があるのかを検証するためにも、ズッキーニの1列12mのうちの4mで先に試し、二時間程度様子を見ることにしました。
IMG_3364.jpg

敷き方は至って適当です。
とりあえず苗の下にアルミが入り込むように敷きました。
伸びている葉の下が光るようにと思いまして。

最初は4枚使いました。
IMG_3363.jpg

で、なんか勿体無いなと思い3枚に。
IMG_3365.jpg

もっといけるんじゃないかということで2枚に(笑)
IMG_3366.jpg


そしてこの対策を施して2時間後…。

結果は…
アルミを敷いた苗にはウリハムシが1匹もいません!!

そして敷いていない隣の株から4mには16匹もいました。。。

アルミホイル対策は見事な効果を発揮しました!
あとはこの効果がどれだけ継続的に続くのかと言うことでしょう。


とりあえず感想は、この対策は苗が小さいうちにやっておいた方が敷きやすいです。
というのは、まず、苗が大きくなって葉が広々と伸びてしまうと、アルミホイルを多く使いたくなりますし、敷きにくくもなります。

また藁をしいてあるのも重要です。
アルミホイルは固定しておかないとすぐに飛んでいってしまうので、藁を敷いておくことで藁に挟んで固定できます。
藁がなければ重しになるものをのっけておけば良いと思います。
端に土を被せる方法でも良いかもしれません。

後はウリハムシが卵を産んでしまうことでしょう。
先週のこのアルミを敷く作業の時点で、すでにウリハムシのつがいを何組か目撃しました。
そうなる前に対策をしないといけませんね。。。

是非挑戦してみてください。

ちなみにズッキーニは花が咲いていました。
IMG_3299.jpg



ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:45  |  ズッキーニ  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

ズッキーニの定植

2010.05.25 (Tue)

種蒔きから始めた物の中ではかなり順調に育っているズッキーニ。
気づけば種蒔きから28日が経っていました。

現在の様子はと言うと…
IMG_2791.jpgIMG_2793.jpg

かなり元気に成長しています。
定植しても良い大きさなので早速定植作業を始めます。

しかし問題が1つ。
今までは畝を作って、苗を植えてという順番でしたが、この季節暖かくなったおかげで畑は雑草がかなり生えてきています。
IMG_2920.jpg

まずはこの草を取り除く作業が必要になります。
というわけで鍬で畝を作る辺りにある雑草をとっていきます。
このように鍬で一気に耕す形でやってから雑草をとっていくと楽に雑草がとれます。
IMG_2921.jpgIMG_2922.jpg

このように大まかに雑草をとってから畝作り。
いつものように畝の作り方はこちらから→畝の立て方

今回ズッキーニは株間60cmで植え付けて行きました。
予想以上に大きく成長するので、これ以上狭くすると栽培上良くないと思われます。

植え方は、今までとは少し変わった植え方。
いつもは植えてから水をやる方法、先に植える場所に水をやってから植える方法と2種類をとっていますが、今回は先に苗自体に水を与えて定植しました。
このように、たっぷりと水を与えてやります。
IMG_2936.jpgIMG_2937.jpg

そして60cm間隔で定植していきます。
このように根もしっかり這っていて良い苗が出来ていそうです。
IMG_2938.jpgIMG_2941.jpg

最後にさらにたっぷりの水をあげれば定植終了。
IMG_2953.jpg

後は立派なズッキーニが出来るようにしっかりと管理していくだけですね。



さて、最後にブログの紹介です。
家庭菜園初心者応援ページ&ゼロから始める家庭菜園奮戦記としてブログを書いている「ねっこ」さんのブログ
冷やし菜園はじめました です。
育てている野菜も多く、家庭菜園者向けに丁寧に栽培方法など説明しています。
宜しければそちらのブログも御覧下さい。


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:29  |  ズッキーニ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ズッキーニの間引き

2010.05.13 (Thu)

現在ズッキーニの種蒔きを初めてから丁度20日
以前の記事で順調に育っているとことをお伝えしたズッキーニですが、その後3日間でさらに大きく成長をしていました。
DSCF0731.jpg

前回ようやく双葉が展開したというくらいだったのですが、3日間で本葉が大きく成長しています。

4月中寒い日が続き、種から育てたものは全て発芽率も低く、成長速度も遅かったのですが、5月になりやっと予定通りに成長してくれるようになりました。

というわけで予想以上の成長の早さで少し遅くなってしまいましたが、今回は間引きをしました。
今回ズッキーニはポットに2粒ずつ種を蒔いていたのですが、2株芽が出たうちの小さい方を取ってしまいます。

このように2株の芽の中から、
DSCF0826.jpg
小さい方の芽を選び、
DSCF0827_20100513101220.jpg
抜いてしまいます。
DSCF0829_20100513101220.jpg

勿体無いような気もしますが、これもズッキーニの成長のためです。
植物というのは競い合いながら成長をしています。
ポットに2粒種を蒔くからこそこのように成長するのですが、1粒だけでは競争相手がいないため大きくは成長してくれないのです。

しかし小さい方の芽というのも何とか活用したいですね。
取ってしまった芽は基本は捨ててしまうのですが、発芽していないポットなどがあったらそちらに移し変える事も可能です。
今回ズッキーニの発芽率がかなり高く、芽が出ていないポットが1つだけだったので、抜いた芽の中で一番大きいものをそちらに移し変えました。

成長具合的には、もう定植しても問題ないくらいの大きさですが、もう少し根を這わせるために定植は来週する予定です。
種から始めた作物ではこれが最初の定植となるので、今後大きく成長してくれることに期待します!


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:28  |  ズッキーニ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。