08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ブロッコリーに蕾が!!

2010.10.26 (Tue)

今か今かと蕾ができることを待っていたブロッコリー。

ようやく小さな蕾を確認しました!

蕾が確認できたのはスティックセニョールとい小さな蕾がたくさん収穫できるタイプの品種です。

こちら!
IMG_7170_m.jpg stick_m.jpg
苗の大きさもかなりしっかり大きくなっていて、中心部に蕾をつけてくれました!

いやー蕾が出来てくれると嬉しいですね!
スティックセニョールは初栽培の品種なので、蕾がどの位の大きさになったら収穫できるのかもこれから色々試してみます。


ちなみに、大きな蕾ができる品種のノースベルはまだ蕾は出来てません。
こちらです。
north_m.jpg

けど苗の幹はしっかりと太く成長していて、綺麗な黄緑色をしています!
IMG_7175_m.jpg
大きな蕾が一個できるこちらの品種の方が早く無事に蕾をつけて欲しいところです。
去年の栽培はノースベルのみの栽培をしたのですが、期待したように成長してくれず、大きな蕾を収穫できたのはほんの数株しかなかったので。。。

今年は頑張れ!ノースベル!


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ
スポンサーサイト

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:00  |  ブロッコリー  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

ブロッコリー始動!!

2010.08.21 (Sat)

今年のブロッコリー始動です!!

今年1月に初のブロッコリー栽培を終え、それ以来のブロッコリー記事です。

去年は1品種を種まきから栽培しましたが、今年は2品種に挑戦です。

挑戦する品種は、ミニッコリースティックセニョールです。

かわいい名前のミニッコリーはその名の通り小さめの蕾を収穫するブロッコリーの品種です。
スティックセニョールは、ブロッコリー特有の一つの大きな蕾と、残りの小さな側蕾を収穫するのではなく、小さな蕾サイズの物がトウ立ちのように伸び、それをどんどん収穫していくタイプの品種です。

では早速。
こちらがミニッコリー
IMG_4393.jpgIMG_4397.jpg

こちらがスティックセニョール
IMG_4395.jpgIMG_4404.jpg

そして連結ポットの一箇所に3粒ずつ撒き、あとはお決まりの種まき手順です。
IMG_4400_20100819200422.jpg IMG_4405.jpg

各ポットに撒き終わったら一旦押し付けます。
IMG_4406_20100819200421.jpg

土がギュッと詰まったところに上からサラサラと土をふりかけて、ならします。
IMG_4408_20100819200420.jpgIMG_4411.jpg

あとは水をまけばオッケーです。

ただ肝心なことは、置いておく場所です!
直射日光の当たる場所では暑すぎます。
なので時間によっては日影になる場所に置いておきましょう。

また乾燥も大敵です。
水やりも可能な限りやっていきましょう!!

あとは害虫被害がどの程度でるかですね。。。
セオリーは寒冷紗で覆ってあげることです。
日除けにもなるし、ちょうど良いですね。

ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ


テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

09:19  |  ブロッコリー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ブロッコリー後片付け

2010.01.28 (Thu)

夏の終わりに定植し、長い付き合いとなったブロッコリーを終了しました。

もう寒さで成長が遅いですし、収獲できるものは側花蕾(そくからい)のみです。
メインの蕾はすでにとってしまっていあるのでもうないです。
こんな感じです。
IMG_2233.jpg
真ん中の白いところがメインの蕾のあった場所です。


どのタイミングで処理するかを悩んでいましたが、とうとう終わりにしました。

終わらす前のブロッコリーです。
IMG_2232.jpg

なかには枯れてしまっている苗までありました。
IMG_2234.jpg

幹が結構太いので引っこ抜きました。
全体
IMG_2243.jpg
アップです。
IMG_2244.jpg

これが綺麗さっぱり終わった後です。
IMG_2247.jpg
苗は簡単に腐りそうにないので、とりあえず放置して乾燥させてみています。

ブロッコリー栽培の感想としましては、手間がかかったという感想です。

まず定植のタイミングです。
これは秋野菜全般に言えます。
あせって苗の育っていない段階で畑に植え替えても暑さでは枯れてしまうし、遅くなると寒さの影響で育たなくなってしまいます。

また虫も大変でした。
青虫のつくことつくこと!
こんなに青虫を見たのは人生ではじめてでした。
あとアブラムシとも格闘しました。

野菜は季節によって大変さが違いますが、目標数には至らなかったものの無事に最後までを見届けられてよかったです。
次回ブロッコリーを作る機会があればちがった種類のものを栽培したいと思います。



ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

09:37  |  ブロッコリー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ブロッコリーの成長

2010.01.24 (Sun)

11,12月の頃は大きいブロッコリーが採れていたのですが、この時期になるとほとんど成長しなくなってしまいます。

葉の元気もなくなり、赤っぽく変色し、ブロッコリー自体も紫がかった色になってきます。


それでも葉をかき分けてみると小さなブロッコリーをたくさん見つけることが出来ます。
大きいものは採れなくても小さい実がいっぱい採れるため、収穫自体は長く続けることが出来ます。

201001211007000.jpg

この小さい実ですが、大きなブロッコリーと味が変わると言うことはほぼなく、小さいため料理するときには結構便利です。
大きなものは量が多いため、収穫しても全部使い切るまで時間がかかりますが、小さい実なら調理するときに調理する分だけとって使うことが出来ます。

家庭菜園、ベランダ菜園などをしている人にはオススメですね!

しかしブロッコリーは、このように側花蕾が出来るも品種と出来ない品種があります。
側花蕾をたくさん採ろうと思って栽培したのに、1つも出来なかった…
とならないよう、しっかりと品種をチェックして栽培しましょう。

またスティックブロッコリーというような、大きな実は出来ず一口サイズの実だけがたくさん出来る品種もあります。
家庭菜園をしようと思っている方にこれもオススメですね。



またブロッコリーは葉や茎も食べることが出来ます。
店で売っているようなものは固くなっていたりするものなどもありますが、新鮮なブロッコリーは茎も柔らかく美味しく食べることが出来ます。

葉に茎に実
余すことなく楽しむことが出来るので家庭菜園を考えている人は是非作ってみると良いでしょう。



ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

09:53  |  ブロッコリー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ブロッコリーとその仲間達

2009.12.09 (Wed)

なんだかんだで細々と収穫を続けているブロッコリーなのですが、最近は寒さのせいかなかなか成長せず、きれいな蕾はちらほら見かけるのですが、収穫するにはまだ小さいため収穫せずに成長を待っています。しかしあまりほうっておくと小さいまま花が咲いてしまうのではないかという不安もあるため、いつ収穫すべきかと畑に行くたびにやきもきしています。

そんな中!最近そのブロッコリーに寄生している輩がいます。。。
久々の登場になります!青虫です!!

最近はめっきり寒くなり、以前ほど蝶々は見かけなくなったのですが、秋口に蝶々がたくさん飛んでいたころに匹敵するくらいの量の青虫がいます。。。こんなに寒くなっても、絶対寒さに苦手そうな見た目をしている青虫が、こんなに繁殖するとは思ってもいませんでした。青虫の生命力恐るべし。

しかも何が問題かというと、どうやらブロッコリーの蕾にダメージを与えているようなのです。青虫が食べたためか、あるいは体液のせいか、青虫がいた部分がへこんで変色してしまうのです。

IMG_2151.jpg

こんな感じです。
ブロッコリーに乗っかっているのが青虫です。
ブロッコリーが変色してしまっています。本当に青虫の影響でそのようになったのか、真相はわからないのですが、青虫がついているブロッコリーの蕾はこのようになっていることが多いように感じています。

しかもこの青虫君、ブロッコリーの表面にいるだけならまだしも、ブロッコリーの中側に潜んでいることが多いです。

ですので、収穫後視認して青虫はいないなと思って袋につめ会社へ持っていくと袋の中で青虫が歩いている、ということがしょっちゅうあります。私たちはもう見慣れてしまったので別にいやな気分にはなりませんが、普通青虫を見慣れている人なんているわけもないので、会社に持っていったものに青虫がついていると、あわててこっそり駆除してます。。。

ちなみに上の写真、お気づきの方もいらっしゃるかとは思いますが、あの写真の中には青虫が図らずも4匹写り込んでいます。興味ありましたらアップにして探してみてください(笑)アオムシーを探せ!!


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:19  |  ブロッコリー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。