04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

リベンジ白菜の植え付けと種まきの後

2010.10.05 (Tue)

一度失敗した白菜の後、リベンジで栽培開始した白菜です。

リベンジ栽培を開始したのは9月10日。
まだ真夏日が続いている最後の方でした。そこで新聞紙行灯を設置しました。

それを思うと、それから1ヶ月で金木犀も香りだして、ずいぶん涼しくなりましたね。

話がそれました。本題に戻ります。
まず行灯に囲まれた苗にはこちら。
IMG_5469.jpg IMG_5879.jpg

そして種で直播きしたほうにも、直射日光で地面が乾いてしまうことを防ぐため、新聞紙で囲いました。
IMG_2537.jpg



そして、苗で定植した若獅子という品種の白菜のその後
IMG_6104.jpg
新聞紙の囲いが手狭になっているくらい無事に育っています。

ただ、根きり虫被害が出ており、半月で苗の数は半分になってしまいました。。。
根きり虫被害の記事はこちら→根きり虫とシンクイムシの大量発生


また種を直播したタケノコ白菜のプチヒリです。
IMG_5882.jpg
無事に芽が出ました!
しかしこの囲い方の新聞紙行灯は、雨と風で簡単に破れてしまったようで、あまり効果がなかったようです…笑
IMG_5881.jpg


しかし、その後少ししたら害虫被害なのか本数が減っていました…。
IMG_6102.jpg
残っているものの間引き、移植で何とか本数は維持しています。

今後また成長を報告します!



ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ
スポンサーサイト

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

09:59  |  白菜  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

白菜の栽培し直し

2010.10.04 (Mon)

8月中にポット撒きした白菜の苗が、暑さと害虫で全滅し、急遽代わりとなる苗を種を入手しました。

そして、代わりとして入手した苗と種でしたが、苗は早速植えつけです。

苗を買ってきたのは9月の上旬でしたので、年内採りの品種としては既に遅いくらいです。
ちなみに年内取りの品種をこれから植えようとするのは厳しいと思います。
これから白菜を植えつけるなら年越後の品種になります。


若獅子という品種の苗の植え付けは、畑をトラクターでうなってもらっていたので、畝を切らずに植え付けました。
植え付け場所を手で軽く掘り、害虫対策の薬をひと摘み。
1玉が大きくなる品種なので株間は45センチです。
IMG_2515.jpg IMG_2516.jpg

そして買ってきたポットを見たら、園芸センターで間引きをしていなかったらしく、1ポットに2苗あります!
単純に苗を多く入手できたと喜ぶことにし、根鉢の状態から手でほぐして1苗ずつ定植です。
IMG_2523.jpg IMG_2526.jpg IMG_2528.jpg

しっかし植えてあげて、水をあげれば完了です!
IMG_2532.jpg


そして、後から入手したタケノコ白菜のプチヒリの種は、ポット巻きにせずに直播きで撒きました。

1畝に2条撒きと種袋の裏に書いてあったので、そのとおりに実行しました。
株間、条間共に25センチで、点まきです。
収穫する1玉が小さい品種だからこそ、この畝幅と株間で栽培できます。
1箇所に3粒づつ撒き、その後間引きです。
IMG_5802.jpg IMG_5806.jpg

そして軽く覆土しまて、しっかりと水をあげれば完了です。
IMG_5809.jpg IMG_5812.jpg


まだまだ植えつけた時期は暑かったので、行灯を周囲に張り巡らしました。
その様子と現在はどのようになっているかはまた明日の記事で紹介することとします。



ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:00  |  白菜  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

今年の白菜が失敗したその後…

2010.10.03 (Sun)

昨日の記事で白菜の種まきが失敗に終わったことを報告しました。。。
そして白菜の苗を購入しなおしたところまで話しました。

正確には1品種は苗、もう1品種は種を買いなおしました。

購入しなおした理由は、白菜が完全にダメだと見切りを付けたのが9月7日。
これから種まきをして、成長したものを定植してというのでは間に合わなくなってしまうと判断したからです。


秋野菜は、植えつけてからどんどん気温が下がっていくので、定植した時期が遅れてしまうと収穫前に霜が降りて成長が止まってしまい、白菜が結球(玉になること)しないままになってしまうのです。

去年は植え付け時期が遅れ結球しない株が幾つも出てしまいました。
結球しないと虫も内側に入りたい放題なので、ひどい有様です。。。


そこで入手した2品種は、苗が若獅子で、種がプチヒリという品種です。

若獅子は大きな玉を収穫する品種です。
IMG_2520.jpg
IMG_2518.jpg

苗を買った時期自体も遅れているので、小さめの玉ができる品種の苗はもうありませんでした。

しかし背に腹は変えられずです。
ここまで苗として大きくなっていれば、多少の害虫は持ちこたえてくれます。


もう1品種が種で買ったプチヒリです。
IMG_5799.jpg IMG_5800.jpg
IMG_5805.jpg

これはかなり小さめの玉を収穫する品種で、そのため極早生(成長が早く収獲が早い)品種だったのです。
それで選びました。

苗に比べて価格は当然安いですが、結局芽が出立ての若い頃をなんとか持ちこたえないと、収獲は当然見込めません。


この後の定植と種まきはまた明日の記事で!


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

09:45  |  白菜  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

今年の白菜です!

2010.10.02 (Sat)

更新が遅れましたが、今年の白菜始動です!
実際は1ヶ月前の8月後半にスタートしましたが、ハプニングに見舞われました。

去年は初の栽培にもかかわらず完全無農薬で栽培してみたところ、害虫対策に失敗し、虫だらけの白菜を大量に作ってしまいました。。
葉っぱを1枚めくるごとにちっちゃな芋虫とご対面してしまう状況でした。。。


今年はそうならないよう頑張ろう!
と、種まきからスタートしたのですが…


結果こうなりました。
IMG_2292.jpg

泣きそうになりました。


去年、できた白菜が予想以上に重く、運ぶのがとても大変だったという教訓を生かし、大きな玉ができる品種ではなく、小ぶりな玉ができる品種を選んで種をまきました。
品種は以下の二つです。
お黄にいりとチヒリです。
IMG_1577.jpg IMG_1913.jpg

種まきの過程は他の野菜と変わらず、こんな感じです。
種は小さいですね。
IMG_1581.jpg

土と混同しやすく分かりにくいです。
IMG_1585.jpg

土をかぶせて、
IMG_1586.jpg

しっかり水を上げましょう。
IMG_1588.jpg



しかし、芽が出て数日で害虫がひどくなり、最後は無残でした。
虫対策になる覆うものや、薬が小さいうちから必要でした。


今年は暑さが長かったせいで日差しがいつまでもキツく、さらに予想以上の害虫が発生し、しっかりと守ってあげないと栽培は不可能だったようです。。


そこで今年は急遽苗を購入しなおしました!

それはまた次回で。



ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

09:45  |  白菜  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

白菜の種

2010.05.16 (Sun)

今までも数回白菜について記事を書いていましたが、あの捨てて放置していた白菜です。

雑草や腐れた野菜などは、全て畑の隅の1箇所にまとめていたのですが、その中に栽培に失敗した白菜もありました。
寒さにやられたり、虫にくわれたりで白菜は結構な数捨ててしまったのですが、その捨てていた白菜が根づいて大きくなり花が咲いていたのです。
そのときの画像がこちら。
DSCF0025.jpg

これ全部白菜の花です。
野菜の花というものは見たことない人が多いと思いますが、野菜も綺麗な花を咲かせるものがいっぱいあります。

しかし今回来てみたところ、何とこのたくさんの花たちはほとんど消えていました。
DSCF0656.jpg

実のようなものがたくさんなっていました。

最終的に実が出来て種が出来るのだろうとは思っていましたが、やはりこのようなものはなかなか目にする機会がありませんね。
そして気になるこの実。中を見てみました。
DSCF0657.jpgDSCF0659.jpg

小さいですがちゃんと種が入っています。
まだ小さいのでもう少し成長してから取るのかも知れませんが、これを植えたら立派な白菜が出来るのでしょうか?

定かではありませんが、おそらく私たちが去年植えた白菜は固定種ではなく、F1品種です。
栽培に手間はかかっても一応の白菜は作れるとは思います。
完全なものを作るのは難しいかもしれません。

固定種と交配種(F1品種等)についての記事はこちら→種の種類って

やっては見たいですが、さすがにうまくは行かないでしょう。
放置してるだけで種が取れて立派に成長するんだったら種苗メーカーはやっていけなくなりますしね。

しかし実際に栽培できるかどうか試してみたいところですね。
今のところ私たちは種、苗はすべて購入したものを使っているので、自分たちで種とりはやったことがありません。

簡単に種が取れて、同じ程度のものが収穫できるものはどの程度あるのでしょうか?
あえて自家採種が可能な固定種のみで栽培してみるのも、生産者としてのひとつの差別化の手段になるかもしれません。
いずれ種とりにもチャレンジしてみたいですね。


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:00  |  白菜  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。