06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

トマト片付け~マイクロトマト編~

2010.09.15 (Wed)

以前の記事ではすんなり行ったかのように見えたトマトの後片付け。
しかし実はとても苦労する出来事が1つありました。

それがマイクロトマトの片付け!
普通のトマトは簡単に片付けすることが出来ますが、マイクロトマトだけは生長の仕方が全く違うため同じように片付けすることが出来ないのです!
こちらが片付けする前のマイクロトマトの画像です。
IMG_2455.jpg

このように生い茂っています(笑)
見るからにこれを片付けるのは難しそうですね…。

こちらはまだ根も切っていなかったため、まずは根元から鎌で切断を行ないます

が、どこが根元なのか…
それを探すのも一苦労。


ようやく見つけた根元がこちら。
IMG_2464.jpg

太いのが2本見えるでしょうか?
左が支柱、右が根元になります。

沢山ある枝をかき分けてかき分けてやっとここまで辿りつきました。

そして根元さえ切ってしまえば後は引っこ抜くだけ!
というのが普通ですが、マイクロトマトに関してはそれも通用しません。
枝の量が多く長いため、支柱や反対側に植えてあるマイクロトマトと完全に絡み合ってしまっているのです!

これでは引っこ抜くなんて到底無理ですね…

ということでここも鎌の出番です。
枝を何本かまとめて鎌で強引に刈っていきます!
IMG_2469_20100915094820.jpgIMG_2470_20100915094903.jpg

この作業を地道に進めていき、何とか片付けが完了。
こちらが処理したマイクロトマトです。
IMG_2472.jpg

たったの1株でこれだけの量です。

今回の栽培では収穫が追いつかずに採れなかった物がかなり出てしまったのですが、うまく栽培した場合1株でどれくらいのマイクロトマトが収穫できるのでしょうか…
1~200は優に超えそうですね。

栽培、片付けは大変なマイクロトマトですが、うまく栽培すればかなり収益性のある野菜なのかもしれません…。


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ
スポンサーサイト

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:09  |  トマト  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

トマト片付け~本章~

2010.09.14 (Tue)

1週間前にトマトの片付け準備をしました→トマト片付け~準備章~

1週間経ち、すっかりトマトは枯れてしまいました。
IMG_2428.jpg

このように株自体は完全にカラカラになっています
IMG_2434.jpgIMG_2486.jpg

実も枯れているものもありましたが、右の写真のように根元を切ってもまだ赤く熟しているものもありました。
野菜の生命力って凄い!


しかしそう言ってグダグダと栽培を続けるわけにも行かないので予定通りに全て片していきます。
まずは支柱の紐を外してしまいます。
IMG_2437.jpgIMG_2439.jpg

左が支柱を止めている紐になります。
これを鎌で強引に切ってしまいます。
頑張れば紐を解くことも出来るかも知れませんが、そんな事に時間をさくわけには行きません。
鎌もしくはハサミなどでガンガン紐を外していきます。

次に誘引している紐を外していきます。
IMG_2444.jpgIMG_2445.jpg

このように根元の紐は太い紐で結んでいたため、簡単に手で解くことが出来ました。
しかしその他の部分は細い麻の紐を使っていたのでこちらは先程と同じように鎌でザックリ切っていきます。
麻の紐であれば、土に帰るのでそのまま切って放置でも構いません。


紐さえ外してしまえば後は簡単に手で株ごと取れてしまいます。
IMG_2452.jpgIMG_2454.jpg

残るは支えを失った支柱のみ。
IMG_2474.jpg

こいつらは普通に抜いてしまえば問題なしです。
支柱を抜いた様子はこちら。
IMG_2478_20100913100412.jpg

すっきりしましたね!
奥の部分も全て片付けて片付け終了!

と行きたいところでしたが、ここで1つ問題が起こりました。。。

それについてはまた次回!


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:00  |  トマト  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

トマト片付け~準備章~

2010.09.03 (Fri)

気づけば9月ですね。

異常気象宣言もされ、今年の暑さが尋常ではないことが歴史に残りそうですね。
お世話になっている農家さんはの家では、今年があまりに暑く、また雨がほとんど降らないために地下水が枯れてきてしまっていまるそうです。

the異常気象。


この暑さの中頑張ってくれていたトマトがいよいよ実をつけなくなり、以前の日記でも書いたように、尻腐れ病?らしき症状も出ているので、撤去向けて動き出しました。

まずコレが今のトマトの様子です。
大玉トマトのルネッサンスの最近はこんな状況です。
IMG_5369_20100903095749.jpg IMG_5370_20100903095748.jpg
高さは2mほどありますが、上の部分は花もなく、実の4段目があった辺りはもう枯れてきています。

こちらは中玉トマトのワンダーボールです。
IMG_5381_20100903095748.jpg IMG_5382_20100903095747.jpg
上の方は葉が茂ってはいますが、実はつかず、ついても大きくなりません。
また苗の真ん中の辺りも変色が始まり、下段は枯れています。

お疲れ様です!といった感じです。



そして私たちが選んだ撤去方法はキュウリの時と同様に、立ち枯らす方法です。

今の状態のまま枯らしてしまい、乾燥して軽くなったところで撤去していく方法です。
これが一番作業が楽です。

立ち枯らすためには茎の部分で切ってしまいます!

この地際の辺りで、
IMG_5371.jpg

ハサミ、あるいは鎌等で、
IMG_5372.jpg IMG_5373.jpg

ざっくり切ってしまいます!

IMG_5375.jpg

これで後は枯れるのを待つのみです。
おそらく2週間もすればカラカラになります。



しかし夏野菜が終わってしまうと畑が寂しくなりますよね。。。


ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

09:58  |  トマト  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

トマトの尻腐れ病

2010.08.30 (Mon)

8月も下旬となり夏野菜はどんどん終わって行く時期です。
収量もかなり減り、実の大きさなども小さくなりつつあるこの時期ですが、さらに問題が発生しました。

それが尻腐れ病
トマトやミニトマトに起こる生理障害なのですが、名前の通り尻が腐ってしまうのです。

こちらがその画像。
IMG_1902.jpg

このように上の方を見れば特に腐れていたり、悪いようには余り見えません。
しかし裏返して下の方を見ると…
IMG_1903.jpg

このように尻の方から腐っています。
まさに尻腐れ病と言った感じですね。


さて、それでは何が原因でこうなったのか…
尻腐れ病について調べてみると、原因としてわかったことがあります。
それがカルシウム不足です。

カルシウム不足が起こる原因としては、
1.カルシウムが施肥されていない
2.追肥の窒素が多すぎる
3.水の与えすぎor乾燥させすぎ


この3点がカルシウム不足になる原因だそうです。
土づくりの時にしっかり苦土石灰を与えているので、カルシウムが施肥されていないということはありません。
また追肥も余りたくさんやっているわけではないので、可能性としては低いと思われます。
となると、一番確率の高いのは乾燥させすぎでしょう。

ここ数日の暑さに加え、雨が殆ど降っていません。
畑の土もかなり乾燥してきているのがわかるような状態です。

この状況がトマトの尻腐れ病を招いた可能性は大いにあります。


しかし尻腐れ病というのは株自体に問題があるわけではないので、しっかりとカルシウムを与え、水をやり、マルチなどで保水さえすれば、正常のトマトが再度採れるようになるそうです。

ですが、私たちの畑のトマトはもう終盤。
良くても1株から後2,3個採れるか…という具合です。

畑のことを考えると次の野菜のために、もう撤去してしまうのもありです。
撤去して次の野菜の準備をするか、後数個の収穫にかけて尻腐れ病対策を行うか。
迷いどころです。



ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

10:20  |  トマト  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

今週まで順調に収獲出来ていたトマトでしたが。。。

2010.08.01 (Sun)

収獲順調だった大玉トマトなんですが、ここに来て突然急ブレーキです。

トマトの種類は大玉トマトです。
品種はルネッサンス。

まず画像から。
最近のルネッサンスの様子です。
IMG_4089.jpg
まだ青いですが、実はなっています。
写真の一番上ので6段目か7段目かと思います。
3段目くらいまでは実のつきが良く、収量も安定しており順調でしたが、上の段は一つの段に1つ、あるいは2つしか実がなっていません。


ただ一方中玉トマトは依然調子が良いです。
IMG_4080_20100730190638.jpg
赤い実をたくさんつけているのが中玉の株です。
まだ順調になっていますし、すでに上の段にも実は付いているので、あとは熟すのを待つのみです。


またミニトマトはというと。
こちら。
IMG_4082.jpg
まだまだ順調です。
支柱のかなり上部まですでに実をつけていて、今後の収獲が期待できます。


特にアイコ!
この品種の安定感はすごいです。
生食よりも調理用に向いている感もありますが、実も綺麗ですし、嬉しい品種です。


こう見てみると、中玉トマトはミニトマトより二回り大きい程度のサイズなので、順調に実をつけ続けているミニトマトに近いものなのでしょうか?
ミニトマトのアイコ以外の品種、オレンジパルチェ、フルーツイエローと同じくらい取れています。

おそらく大玉トマトの実の少なさの原因は栄養不足により花が落ちやすくなっていた、実が付きにくくなっていた等の理由が考えられます。
しかしすでに6段目まで花が咲いてしまったので、取れてもあと1段か2弾です。
8月に入り、トマトも終盤戦になるので、このまま今年は終焉でしょう。

最後まで綺麗な実を収穫できるよいですが。



ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックを励みに今後もブログ更新に努めていきたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 企業ブログ 農林水産業へ

テーマ : 現場にて - ジャンル : ビジネス

09:49  |  トマト  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。